女子中学生への強制わいせつ容疑で逮捕された“さおだけ屋”の素顔を知人が告白「みんなから好かれる人」

 警視庁昭島署は1月11日、女子中学生への強制わいせつなどの疑いで30歳の男を逮捕した。

 逮捕された新倉健太容疑者は、軽トラックで竿だけ販売をしながら女性を物色。学校帰りの女子中学生の自宅に侵入し犯行に及んだと報じられている。

 新倉容疑者は昨年12月にも同様の手口の犯行で静岡県警に逮捕・起訴されており、警視庁では他にも被害がないか調べているという。

「俳優を夢見ていた」さおだけ屋のもう一つの顔


 新倉容疑者については、「竿だけ販売業」ではないもうひとつの側面についても注目が集まっている。すでにテレビの情報番組などでも報じられているが、新倉容疑者は俳優としても活動していた。

映画『恋の渦』公式サイトより

映画『恋の渦』公式サイトより

 『モテキ』などで知られる大根仁氏が監督しカルト的な人気を得たインディーズ映画『恋の渦』(2013年)では主演クラスの役どころを務めており、将来的には俳優として成功することを夢見ていたようだ。

 そんな新倉容疑者の人物像は一体どのようなものだったのだろうか? 取材班が新倉容疑者の知人男性に接触したところ、このような答えが返ってきた。

「今回の事件は本当に驚きました。とてもじゃないけど、そんな事件を起こすような人間には思えないからです。遊び上手でオシャレ。イケメンだから普通にモテるし、友人知人を大切にするナイスガイ。10代の頃から都内でブイブイ遊んでたみたいですが、ここ数年は俳優としての活動を本当にがんばってるって聞いてました。ユーモアとかも含めいろんなセンスにあふれてて、みんなから好かれる人です。だから、中学生の女のコにわいせつな行為をして傷つけるっていうイメージがどうしても結びつかないんです」

 新倉容疑者は「女子中高生に異常に興味があった」と証言していることが報じられているが、周囲の人間にとって“その顔”というのは驚きを禁じ得ないものだったようだ。

「ロリコンはつらい」


 そのような新倉容疑者の人物像を踏まえたうえで、ロリコン系雑誌を手掛ける編集者は今回の事件を次のように分析する。

「いわゆる“ロリコン”というのは、一言でいえば『つらい』んです。そのような性的嗜好をもってしまうのは仕方ないとして、多くの人はそれと上手く付き合って生きている。二次元などにその捌け口を求めるのは、世間的に“キモい”と言われがちだとしても、実は非常に健全な行動だといえます。

 マズいのは、今回の容疑者のように“普段の自分”と“ロリコンな自分”が乖離している場合。抑えられない特異な性的欲求と上手く付き合うことができず、“普段の自分”から離れたところで実際に人を傷つけてしまう。

 これがSM趣味とか女装趣味だったら、そういうお店に行くなり自己満足なりで済ますことができますが、ロリコンの欲求を実現するというのは、そもそも前提として違法性にあふれている。そういう意味で、語弊はあるかもしれないけど、『つらい』んです」

 性癖というのは、自分の意思とは関係なく備わってしまうもの。それによって他人を傷つけてしまうのは論外だが、氏の言うように性癖と自分との乖離で苦しんでいる人は少なくないのかもしれない。 <文/日刊SPA!取材班>

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中