有村架純「苦しくて撮影を放棄しようかと思った」。月9ドラマ『いつ恋』本日スタート

 本日18日の21時からスタートするフジテレビ系“月9”ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の試写会が都内で行われ、主演の有村架純、高良健吾、そして今春のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロインとしても注目が集まる高畑充希らが登壇。有村と高良はともに20代で民放連ドラ初主演となる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1032311

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

(写真左から)坂口健太郎、高畑充希、高良健吾、有村架純、西島隆弘、森川葵

 本作は『東京ラブストーリー』『最高の離婚』など数々のドラマを手がけたヒットメーカーで、“月9”として記念すべき10作品目の脚本家・坂元裕二氏書き下ろしのラブストーリー。有村演じる音、高良演じる練を中心に、彼らを取り巻く木穂子(高畑)、朝陽(西島隆弘)、小夏(森川葵)、晴太(坂口健太郎)ら6人が思いを複雑に交差させ、恋をしながら生きる希望を見出していく。

 坂元氏らしい言葉のセンスがセリフの端々から感じられる作品で、有村は「特に第4話は台本を読みながら苦しくて、苦しくて、泣いてしまって撮影を放棄しようかと思ったくらいだった」と告白。有村にとっては民放の連続ドラマ初主演作ということもあり、「この作品を最後まですばらしいものにするんだという気持ちで撮影に臨んでいます」と凛とした表情で意気込みを語っていた。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

ともに20代で民放連ドラ初主演の有村架純と高良健吾

 本作では「人生初のお色気担当」という高畑は、「クランクインから動揺し、緊張もたくさんした」とコメント。「心で思っていることと実際に発する言葉が全部裏腹」な“こじらせ女子”を演じているといい、「坂元さんはそれぞれにあった役を書いていると聞いたので、(木穂子みたいな女性だと思われていたら)ショックだな」と苦笑い。そして、印象に残っているせりふとして「手ブラ好きと?」を壇上で再現し、ここでも“お色気担当”ぶりを発揮。6人の中で最年長の西島が「ここは僕の役目かな」と大きく手を挙げ、会場を笑わせていた。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 主題歌『明日への手紙』を手嶌葵が生歌唱するサプライズもあり、撮影中にはこの曲で心を落ち着かせるという高良も「初めて聴いた時も鳥肌たって、耳で聴いているって感じじゃない。全部が響いてきた」と話し、有村も「ドラマと歌詞の内容が同じで、聴いていて胸にささります」と感動していた。次世代を担う役者たちはどんな物語を見せてくれるだろうか。 <取材・文・撮影/北村篤裕>

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1032305

Ren’dez-vous

月9主題歌「明日への手紙」を収録

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中