世界一多くの航空会社に搭乗した男・チャーリィ古庄。その数156社!

「感動をありがとう!」なんて言葉はお約束すぎるが、世界で活躍する日本人を見ると励みになるのは否めない。まだまだ知られていないがユニークで驚異的な世界一の日本人を紹介する

世界一多くの航空会社に搭乗。その数156社!チャーリィ古庄氏


チャーリィ古庄氏

チャーリィ古庄氏

 ’14年5月「世界一多くの航空会社に搭乗した人」としてギネス世界記録に認定されたチャーリィ古庄氏は、飛行機とその土地ならではの風景のコラボ写真を得意とする航空写真家。ご本人に記録にチャレンジしたきっかけを伺った。

「航空写真家として食べていける人は、ほんの一握り。フリーランスなので肩書があったほうがいいと思うことが多々ありました。国内外問わず、仕事柄飛行機にはよく乗るので『何か記録になるのでは?』とギネス世界記録に問い合わせてみたら、このカテゴリで103社という記録があったんです」

 これならいけるのでは?ということで、ギネス世界記録に申請。手続きには約半年を要したという。

「ギネス世界記録側から、定期便であること、チケットが残っていること、グループ会社は1社のみという条件がありました。それに当てはまるフライトログを作成し、さらに搭乗券をファイルに分類。チケットがない小さな航空会社もあるので、実際は200社以上乗っていますが、認められたのは156社。今、世界には1200社くらいの航空会社がありますが、この条件に通るのは500社くらいだと思います。もし抜かれたら、もう一度チャレンジしたいですね」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1034122(過去7~8年分の搭乗券)

チャーリィ古庄氏

ギネス世界記録に申請するときに使ったのは、過去7~8年分の搭乗券。残しておいてあったのもスゴい

― [世界一な日本人]を探してみた ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中