世界初! 都心に構えるワイナリー「フジマル醸造所」とは?

「感動をありがとう!」なんて言葉はお約束すぎるが、世界で活躍する日本人を見ると励みになるのは否めない。まだまだ知られていないが、世界に誇るニッポンのナンバーワン中小企業を紹介しよう。

世界一都心に構えるワイナリー「フジマル醸造所」


「国産ワインの生産地は?」と聞かれれば、山梨や長野を想起する人が多いだろう。それも当然、従来ワイナリーはブドウ畑の近くにある、というのが常識だった。

世界一都心に構えるワイナリー【フジマル醸造所】

清澄白河フジマル醸造所は1階が醸造場、2階がビストロ。

 しかし’13年、日本、いや世界のワイン愛好家に衝撃が走る。大阪のド真ん中、島之内に醸造所がオープンしたからだ。’15年には東京・清澄白河にも開業。これほどまで都心に近いワイナリーは、世界でも前例がない。

 仕掛け人はパピーユ代表取締役・藤丸智史さん。ワインの卸しと販売を手掛ける同社は、もっと手頃な日本ワインを生産したい、とワイナリーを始めた。

「例えば東京。交通網の発達で、畑の近くでなくても、全国から新鮮で良質なブドウが手に入ります。あとワイナリーの繁忙期は夏から秋。冬はほぼ休業の所が多いですが、ここはビストロ併設のため年中収益を上げられる。人が集まる東京だからこそできることなんです。その利益の分、出荷するワインの値段も下げられます」

世界一都心に構えるワイナリー【フジマル醸造所】

長期熟成させず新酒を出荷することで生産量を増やし、コスト安に繋げている

 発想の転換が功を奏して、同社の良質なテーブルワインにはボトル1000円台のものも。今後もワインを身近に感じてもらえるよう、商品開発に努めたいと話す。

「ワインも発泡酒の感覚で楽しめるようになってほしいんです」。藤丸さんの挑戦は続く。

― [世界一な日本人]を探してみた ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中