ワインブームを支えた陰の立役者「ラベルホルダー」。世界で最初に開発したのは日本人

「感動をありがとう!」なんて言葉はお約束すぎるが、世界で活躍する日本人を見ると励みになるのは否めない。まだまだ知られていないが、世界に誇るニッポンのナンバーワン中小企業を紹介しよう。

世界で最初に開発!ワインの「ラベルホルダーNAO」


 店でワインを頼むとき、リストを眺めてもわからず、困ったことはないだろうか。ソムリエに聞いてやっとの思いで注文した味に感銘を受け、いざ同じものを買おうと思っても、名前が思い出せないこともあるだろう。

世界で最初に開発!ワインラベルホルダー【NAO】

フィルムをボトルに巻き付けて剥がす。

「他の酒に比べ、とにかくワインは種類が多い。ラベルもフランス語、イタリア語など各国の言語表記なので、余計に覚えづらいんです」。NAOの創業者・西尾宗三さんは語る。彼こそが、ワイン愛好家最大の悩みを解決した、ラベルホルダーの開発者だ。

 以前から客のためにラベルを剥がしてくれるレストランはあった。しかし水に20分浸けねばならず、仕上がりもふやけてしまう。ワイン卸しを営んでいた西尾さんは店から相談を受け、効率的なラベルの剥がし方を追求し始める。

「シャンパンラベルは、クーラーで濡れても剥がれない作りなんです。それを剥がせる粘着力のフィルム開発を目指しました。ほかのラベルにも応用が利くからです。また粘着力は強くても、フィルムの厚みが足りないとシワが寄る、かといって厚みを追求すると、剥がすときボトルとフィルムの間に隙間ができて、うまく剥がれないんです。試行錯誤の末、しなやかな素材になりました。台紙のほうは裏面に鉛筆でメモができ、油性ペンも滲まない素材を使っています」

世界で最初に開発!ワインラベルホルダー【NAO】

NAOのラベルホルダーはグローバル、開明株式会社のHPなどから購入が可能

 ’92年発売のラベルホルダーNAO。その発明で、客は記録から主体的にワインを選べるようになった。まさにワインブームを支えた陰の立役者といえよう。

取材・文/古澤誠一郎 廣野順子 鼠入昌史(Office Ti+) 岡野孝次 キンマサタカ 安田はつね(本誌) 撮影/鳥飼祥恵
― [世界一な日本人]を探してみた ―

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中