スカコア基調で「ばってん、ばってん」 博多の麒麟児・ばってん少女隊の素顔に迫る

 1月8日、9日に行われたスターダストプロモーションによるライブイベント「俺の藤井 2016 in さいたまスーパーアリーナ~Tynamite!!(タイナマイト)~」の1日目公演「第1回ワンデイワールドリーグ戦」。

 同イベントはももいろクローバーZ、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、たこやきレインボーなど、スターダストプロモーションに所属するアイドルグループが総出演し、先輩後輩の壁を越えガチの勝負を挑むという衝撃的なイベントだった。

博多の麒麟児・ばってん少女隊

「ばってん少女隊」(写真左から)星野蒼良(そらら)、春乃きいな(きーな)、上田理子(りこ)、瀬田さくら(ちゃん瀬田)、西垣有彩(ありっさー)、希山愛(愛ちゃん)

 観客の声援をカウントし、勝ち残ったグループはそのまま次のラウンドへ進み、新たにパフォーマンスを披露する。最後のラウンドで勝利したグループが「最高王者」として「俺の藤井」2日目公演のトリを務める権利と2016年の「スターダストイチ推しアイドル」の座を手に入れるとあってどのグループも全力でぶつかりあうパフォーマンスを見せていった。審査のたびに勝ったグループは抱き合い、負けたグループは涙を流す。やるかやられるかというピリピリした雰囲気に包まれたイベントで、ひときわ異彩を放っていたのが福岡を拠点に活動するばってん少女隊だった。

 ステージ上を縦横無尽に走り回っていたかと思えば、揃ってヘッドバンギングをぶちかます。大会場に臆することなく、本人たちが異様なほど楽しんでいることが伝わってくる。スカコアを基調としたバンドサウンドに「ばってん、ばってん」と博多弁がふんだんに盛り込まれた歌詞がのるアゲアゲの楽曲で、初戦の相手・ときめき宣伝部との勝負を制した。さらに、ももクロ相手に好勝負を繰り広げるなどの見せ場を作る活躍をみせていた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1033748

ばってん少女隊 そんなばってん少女隊が1月16日、地元福岡で行われたソロライブで4月にビクターエンタテインメント・カラフルレコーズからメジャーデビューすることを発表! 翌17日には東京・ヴィーナスフォート教会広場で改めてメジャーデビュー決定の報告会を兼ねたイベントを開催。ミニライブでは集まった約1000人の首都圏のファンを前にメジャーシーンでの活躍を誓った。イベント終了後、彼女たちを直撃。「スターダストプロモーション100年に1組の逸材」と自称する少女たちの本音に迫った。

――まずグループ結成までのいきさつから教えてください。

春乃:14年の9月に福岡営業所のレッスン生のグループ・Fgirls(仮)ができて、そこからレッスンが始まって、先輩たちの出演するイベントに出させていただいたりしていました。

希山:レッスン生なのに大きな会場に出させてもらっとったよね。

上田:廊下を歩いてたら、先輩が通るんですよ。そのたび、うひょーってなってました。

西垣:ももクロちゃんの(百田)夏菜子ちゃんに会ったときにお話してもらったよね。

上田:「青だからしっかりしてるの?」とか、担当カラーを見て、いろいろ話しかけてもらったんですけど「赤だから、ちょっとやっぱり・・・アレなの?」って言われたりして(笑)。

春乃:それで去年の4月の終わりぐらいに「今後、グループを作ることになると思うけど、メンバーが全員変わってもやれますか?」って会社の人に聞かれて、それでハイって答えたメンバーがこの6人で。

瀬田:まだ事務所に入って1年もたってないのにそんなふうに言われて、いきなり過ぎてよくわからんかったよね。

星野:で、よくわからんまま、去年の6月に結成することになりました。

ばってん少女隊――グループ名に“ばってん”という方言が入っていますが、これはみなさんもよく使う言葉なんですか?

春乃:ばってんは、熊本寄りの人が使う言葉よね。

瀬田:でも九州全般で使う方言よ。

希山:ばってんは、逆接・「けれども」的な意味よね。

瀬田:使ってる人もたまに見るけど、このなかでは使ってる人はおらんよね。

上田:ばってんは使わないけど、「~やけん」とか、「~よ」とかはよく使っとうね。

春乃:私たちの歌にもたくさん博多弁が入っているので聞いて覚えてほしいです。

星野:たぶん九州以外のかたは一度聞いただけだと歌詞の意味が理解できない曲もあるかも。

西垣:ばかちんが! とか、私たちは言わない言葉も曲にはいっぱい入っとるよね。

希山:大人でたまに言う人はいるけど私たちは使わないよね。

上田:あと地方によって微妙に言い方が違うよね。私は福岡なんですけど、どがんしたと? はたまに使っとうね。

西垣:私は山口県なんで、そこは、どうしたーん?って言います。

ばってん少女隊――新日本プロレスに許可を得て、棚橋弘至選手から拝借した「100年に1組の逸材」がグループのキャッチコピーになっていますが、自分たちでどのあたりが逸材なんだと思いますか?

上田:やっぱり、個性が強いところかな。元気なんですけど、お姉さんグループの元気とは違うっていうか…。

春乃:先輩たちも個性が強いですけど、私たちはそれぞれの個性が強すぎて話がかみ合わないんですね。

星野:それ、ダメでしょ!

春乃:先輩たちは自然とまとまるよね。私たちはみんな方向がバラバラなんで。

希山:それぞれが話して盛り上がるっていうよりは、勝手に話してああそうやねって感じで終わるんです。

上田:でもファンの人たちも「まとまりないけど、なかなかいいね」って言ってくださるから今の関係を保ちつつ、もっともっと上に行けるように頑張りたいと思います。

春乃:先輩たちに追いつきたいといか、すべてをマネするんじゃなくて自分たちがこういうグループですよっていうのを出していけたらいいと思います。

星野:逸材っぽい発言よね。

ばってん少女隊――4月にメジャーデビューが決定しました。結成からまだ7か月ですが、話を聞いたときはどんな気分でした?

瀬田:私、“メジャーデビュー”という言葉自体を知らなくて、だから、んっ?って感じで、言葉すら出なかったです。

西垣:やったー! という気持ちより、びっくりしてしまって。メジャーって言葉はわかってたけど、あまりにも早すぎてメジャーってなに?ってなりました。

上田:家族も驚いてて「メジャーデビューって、あのメジャーデビュー?」って言われました。

希山:ファンの人は「頑張ってね」って。泣いてくれてる人おったね。

上田:それ見てもらい泣きしたよね。ぶわ~って涙が出た。

――ではメジャーデビューへの意気込みをお願いします。

上田:全国の人に知ってもらいたいですね。福岡といったらばってん少女隊っていうのを北海道の人にも沖縄の人にも言ってもらいたいです。

希山:でもメジャーデビューしたけんっていっても東京とかばかりではなく、九州も大事にしたいって思います!

上田:いつか福岡でヤフオクドームでライブができるように頑張ります!

<取材・文/河上 拓>

ばってん少女隊【ばってん少女隊】

星野蒼良(そらら)2003年11月14日生まれ/ブルー/福岡県在住/小さな怪獣

春乃きいな(きーな)2001年7月18日生まれ/イエロー/長崎県在住/100万ドル笑顔

上田理子(りこ)2000年11月26日生まれ/レッド/福岡県在住/黒帯のキラースマイル

瀬田さくら(ちゃん瀬田)2002年2月2日生まれ/パープル/福岡県在住/ミラクルさくらんぼ

西垣有彩(ありっさー)2002年7月21日生まれ/ピンク/山口県在住/ちょ~しゅ~産非凡人

希山愛(愛ちゃん)2000年1月10日生まれ/グリーン/福岡県在住/ラブリーハスキー

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中