「イヤな気持ちになりそう」と言われたら嬉しい――中毒者続出のシンガー・町あかりが目指す場所とは

 どこか昭和を彷彿とさせる衣装、そして一度聴いたら耳に残る中毒性の高い楽曲で確固たるポジションを作ってきたシンガーソングライター・町あかり。

『musicるTV』(テレビ朝日系)で綾小路翔&ヒャダインがその才能を賞賛し、2014年には電気グルーヴが25周年記念ライヴのオープニング・アクトとして抜擢するなど、インディーズ時代から注目を集めている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037252

シンガー・町あかり

町あかり

 昨年、アルバム『ア、町あかり』で満を持してメジャーデビューした後も、精力的にライブ活動を続ける彼女に今回インタビューを敢行。今後目指す場所について聞いてみた。

(Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=wXX6JNovOU4



――昨年メジャーデビューを果たして、町さん的にここまでの活動は順調に来ていると思いますか?

町:順調…とっても運がいいなあとは思ってます(笑)。

――共演のオファーが来た電気グルーヴとか、最近だとアルバム曲の『お悩み相談室』を「ゾッとするぐらいの名曲」と評した元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎さんとか、影響力のあるミュージシャンが次々と町さんを“発見”していますよね。

町:そうですね。ありがたいことに口コミとか人づてで、そういった方に知っていただくことが多いです。

シンガー・町あかり――では今後も口コミで広まって行けば、という感じですか。

町:どちらかと言うとインタビューは苦手なので、そっちの方が私は嬉しいです(笑)

――おお、それは意外でした! ライブ映像などを見ていると、堂々としたパフォーマンス姿が印象的なので。

町:私、本当は人前に出ることが苦手なんです。でも好きで作ったものを広める術として、ライブやイベントはどんどんやっていきたくて…。たまたま愛想は良いし(笑)、この身を利用して頑張っていこうという気持ちです。

自分の歌が“大衆ソング”になって欲しい


シンガー・町あかり――町さんは曲も衣装もライブ演出も全て自分でプロデュースしていますが、今のスタイルになったのはいつごろからですか?

町:始めたころからそうでしたね。自分でトラックを作って歌ってという。

――特徴的なライブ衣装には何か狙いがあったんですか? たとえば、「目立ってやろう」とか。

町:それはないですね。計算とか戦略とか、そんなことは全然考えてなくて。衣装だけではなく絵も歌もですが、単純に“作ること”が好きなんです。それを続けていったら、結果こうなっていたという感じです。

シンガー・町あかり――「町あかり」という存在を世に広めたいのではなく、ただ単純に自分が作った歌を世に広めたいという思いなんですね。

町:本当にそうなんです。聴き込んでいるわけでもないのに、ふとした時に頭に浮かぶ歌ってありませんか? 私はよく南沙織さんの『17歳』の「♪だ~れもいない海」というフレーズが頭の中に流れるんですけど(笑)。自分の歌もそんな風に、誰の耳にも残る“大衆ソング”になって欲しいなと思ってるんです。

「イヤな気持ちになりそう」と言われたら嬉しい


シンガー・町あかり――では、インパクトが大きいタイトルの曲が多いのも“歌を多くの人に知ってもらうため”という明確な目的があるからですか?

町:そうです。もちろん、他の人のライブを見ていると「声がいいな」「歌上手だな」とかは思うんです。でも、ライブを見た30分後に「どんな歌を歌ってたっけ」と考えても思い出せないことがあって。

 だから『もぐらたたきのような人』のように、一回聴いただけで耳に残るフレーズを入れようとは考えています。聴いた人が家に帰ってまた検索してくれる可能性もありますし。

――それを聞いて、町さんが以前言っていた「なるべく多くの人を困らせたい」というのを思い出しました。

町:え、私そんなこと言ってましたっけ!?

――町さんの過去発言を集めたTwitterのbotで拝見しましたよ。

町:bot…恥ずかしい(笑)。でも、近いことは近いかもしれないです。『いちめんのコスモス』(※歌詞のおよそ9割が「いちめんのコスモス」で占められている)を聴いて「頭の中でずっとループしてイヤな気持ちになりそう」とか言われたら嬉しいですし。

――最後に今後の活動の展望などを教えてください。

町:これからも面白いことを模索しながらやっていきたいと思っています。全然私のことを知らない人たちがいる場に出て行くことは燃えるので、イベントのお誘いはもちろん、夏フェスとか面白そうなイベントにはどんどん出ていきたいですね。とにかく、小さな子が口ずさむぐらいに自分の歌が広がって欲しい、ただそれだけなんです。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037193

 その衣装や楽曲から、彼女を色眼鏡で見てしまう人もいるかもしれない。だが、一度聴いてみると、そんな先入観をいともたやすく覆すほどの親しみやすさを持っていることがわかる。将来、彼女の楽曲が、老若男女口ずさめる「大衆ソング」になる日もそう遠くはない。

●公式Twitterは@mcakr

<取材・文/東田俊介 撮影/長谷英史>


【ライブ情報】
~町あかりガールズバンドver. 年の初めのワンマンライブ~
「町あかり・ゆる歌ニヤッ!ほっ!vol.6」

日程:2016/1/31(日)
Open : 12:00 Start : 12:30
会場:新横浜Bell's
http://shinyokobells.jp/

【リリース情報】
もぐらたたきのような人
品番:VICL-37106 ¥1,000(税込)

<収録曲(6トラック)>
1.もぐらたたきのような人
2.あのコは高画質
3.どっちでもいいヨ
4.ウットリしちゃう
5.もぐらたたきのような人(オリジナルカラオケ)
6.朗読「もぐ吉ものがたり」(町あかり創作童話)
http://akrmc.blog135.fc2.com/


もぐらたたきのような人

Youtubeで配信され、一度聴いたら二度と頭から離れないと噂の楽曲「もぐらたたきのような人」をシングル・カット!

ア、町あかり

“平成生まれの昭和歌謡アイドル”こと町あかりのメジャー・デビュー・アルバム。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中