富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか【コラムニスト木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その105 ―

 この間、高級住宅地の広尾を散歩していたら、スーパーマーケットのワゴンに、薪がさりげなく置いてありました。まさか都内で、暖炉にくべる薪が売られているとは、びっくりしたなあもう。「ファイアウッド」って書いてあったから、外資系のエリート社員や大使館関係者向けですか。とにかく暖炉のある家に住んでいるのは間違いないでしょう。都心に住みながら暖炉の火で暖まる生活ができるって、このうえない贅沢ですね。

富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか【コラムニスト木村和久】 これがドラマ「北の国から」の舞台となった、北海道の富良野あたりじゃ、薪なんて山から拾って来るか、たとえ買ったとしても、恐ろしく安い値段でしょう。そもそも「北の国から」に登場した五郎さんの家は、石でできた手作りだし。どっちの暖炉の生活が幸せかなんてことを、比べる気は毛頭ないですが、世の中には両極端な事柄が、結構多いなと、改めて気づかされます。

 例えば最近流行のトライアスロンですが、あれにとてつもなくお金かける人と、そうでもない人との差が激しいようです。屋外のロード系のスポーツは、ホノルルマラソンの日本人の大量参加あたりから、お金の匂いがプンプンしましたけどね。その最たるものがトライアスロンと言えます。

 よく宮古島とかで行われるけど、どこから行っても、交通費がかかります。しかも、自転車は自前だし。自転車と言ってもママチャリじゃないですよ。一台100万円ぐらいする高級外国製バイクってやつを、スペアを含めて2台空輸する方もいます。この段階で、なんじゃこりゃでしょ。予算の少ない方は、当然自転車を借りる、あるいは安いやつで補いますが、ピンとキリじゃ、お金のかけ方が雲泥の差となります。

 しかもお金持ちは、全くレースに参加しない美人の彼女や、気のおけない仲間たちを引き連れ、バーベキューパーティなどで盛り上がるのが、お約束です。

 どうも世の中はストイックなスポーツに対して、お金や時間をかける傾向が強いようで、IT系ベンチャー社長とかが、好んで参加したがるみたいです。

 要するに昔は、お金を持っている証が高級外車や高級舶来時計、高級マンションでしたが、フェラーリを買って六本木ヒルズにオフィスを構えると、なんか調子こいてるように見えて、風当たりが強くなります。そこでモノ自慢をするより、お金と手間をかけて、スリムで強靭なボディ作りをしたほうが、クールじゃないかと考えたのです。

 そもそもスマートな体型というのは、凄い貧乏か、お金持ちかの両極端に分かれます。今お金持ちの間で流行っているのは、数十万円かけて食事制限などの管理をしてもらい、加えて適度な運動をして痩せるダイエットです。

 以前、取材で合宿制のダイエット道場に行ったことがあります。仕事だからタダで高級ホテルに泊れると喜んで行ったはいいが、食べれるものは野菜ジュースとかスープばっかりでした。普通の考えじゃ、ふざけんなよですが、そうでもしないと痩せないですからね。日常生活では、自己管理ができないから、お金を払って制限してもらう、そういう考えが当たり前になりつつあります。

木村和久

木村和久

 今テレビで宣伝しているダイエットシステムも、お金を払って若いスタッフにきつく言われながら、半泣き状態で体調をコントロールします。今まで超我がままで生きてきたのに、突如ドMの世界に導かれる、これも両極端な例ですね。やはりSとMは似て非なるもの。外でSの人は、内なるものはMだったりします。そこを上手くついたダイエット商売なのでしょうか。きつく言われて恍惚となり、新たな世界の扉を開いてしまうことも、なきにしにもあらずですかね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中