世界一気持ち悪い男が教える、楽器が弾けなくてもミュージシャンになってモテる方法

 モテないことを逆手に取り、実在しない想像上の彼女との妄想写真を日々ネットにアップし続けていた男、地主恵亮。海外でユニークな写真家として人気に火がつくと、国外のマスコミから取材が殺到。イギリスのガーディアン紙からは「世界で一番気持ち悪い男」にも選ばれる。そんな世界一気持ち悪い男が贈るリア充テク第3弾は、楽器が弾けなくてもミュージシャンになる方法だ。

 氏は、よく高校時代を思い出すという。運動ができるわけでもない、目立つグループにいるわけでもない、はっきり言ってしまえば顔面偏差値だって高くない同級生が、バンドをやっているというだけで、文化祭で歓声を浴びていたことを。

 楽器が弾ける。バンドを組む仲間がいる。それだけで。彼らは間違いなくグルーブと一体感を生み出していた。男子はドラムが刻むビートに乳首を硬くし、うねるベースラインに蹂躙された女子たちは、足元に水たまりを作っていた。熱狂する観客たちの横で飛び散る汗を浴びた氏は、しみる目をこすりながらそっと体育館を後にした。早く家に帰りたかった。

 それ以来、ずっと思っていたとのだいう。

「バンドを組んでみたい」

 バンドマン、かっこいいではないか。バンド仲間と音楽で激論を戦わせる。解散に備えて、方向性を確認する。寝ている間でさえ、バーボンとタバコを手放さない。

 何より、バンドはモテる。追っかけガールを、毎晩取っ替え引っ替えだって夢ではない。バンドさえ組めば、妄想彼女ではなく、リアルな女性と付き合えるに違いない。

 しかし、楽器は弾けないし、もし練習の末に弾けるようになっても、友達がいない。だったら琵琶法師にでもなってやろうか、と自暴自棄になりかけたその時、天啓が降りてきた。その声は氏に告げた。

「楽器が弾けなくても、ミュージシャンになれる」

 具体的には、パソコンを持って、ステージに立つ。それだけだという。実践した地主氏の姿をご覧いただきたい。

楽器が弾けなくてもミュージシャンになれた地主恵亮 どうだろう。バンドの一員にしか見えないではないか。

 困ったことがあるとすれば、本職のミュージシャンにお願いしなくてならないということ。そしてステージ上でパソコンを開いても、することがない、ということだ。この時はツイッターを更新していた

 ステージ上でパソコンを操る専門のメンバーを、マニュピレーターというらしい。具体的に何をしているかは関係ない。ステージ上で、それらしく見えれば何の問題もないのだ。

 この写真をSNSにアップすれば、ミュージシャンだと勘違いしたバンドの追っかけから、熱烈なアタックがあるに違いない、と地主氏は強く信じている。

「人生は自分の発想次第で、いくらでも楽しくできるのです」

 楽して、モテたい。氏のあくなき挑戦は続くのであった。次回はどんなリア充に変身を遂げるのか、乞うご期待。

 また、2月6日には、お台場の東京カルチャーカルチャーでリア充イベントも実施。こちらにも注目されたし! <取材・文/キンマサタカ>

協力/タグチハナ(http://taguchihana.strikingly.com/

【リア充イベント開催!】
「デイリー地主のリア充ナイト~インスタント リア充 人生に『いいね!』をつける21の方法~」

 日時:2月6日(土)18時開演
 場所:東京カルチャーカルチャー(台場)
爆笑スライドショーに、本物のんリア充との対決など見どころ満載の3時間。チケット好評発売中!
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_160115205121_1.htm

●地主恵亮著「インスタントリア充」好評発売中!――お金持ち、医者、ミュージシャン、ノマド、スローライフ、カメラ好き、バーベキュー、フェス…… 貧乏でも仕事がなくても、リア充なんて簡単だ。ほんの少しの勇気と知恵で、なりたい自分になれる

インスタント リア充 人生に「いいね! 」をつける21の方法

「世界で最も気持ち悪い男」ランキング第1位に選ばれた男の“妄想”サクセスストーリー。

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中