バックランド敗れる!――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第30回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第30回


 それはひじょうに唐突な王座交代ドラマだった。“ニューヨークの若き帝王”WWEヘビー級王者ボブ・バックランドにとってマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦での最後の“笑顔のカーテンコール”は、マスクド・スーパースターとの一戦だった(1983年11月21日)。

バックランド敗れる!

“伏兵”アイアン・シークがボブ・バックランドを破りWWE世界ヘビー級王者となった(1983年12月26日=マディソン・スクウェア・ガーデン)。それはひじょうに唐突な王座交代劇だった。(写真は米専門誌「レスリングス・メインイベント」表紙)

 この日、前座の第5試合ではニューカマーのアイアン・シークがトニー・ガニアを下した。I・シークは4年まえにグレート・ハッサンのリングネームでWWEをサーキットしたことがあったが、ガーデンでメインイベントのリングに立ったのはいちどだけで、バックランド対ハッサンのタイトルマッチは、バックランドがフォール勝ちを収めてWWEヘビー級王座防衛に成功した(1979年6月4日)。

 ガーデン11月定期戦から2週間後のTVテーピングでは、I・シークがバックランドを襲い首を負傷させるという“事件”が収録されたが、そのI・シークが12月のガーデン定期戦でいきなりバックランドとタイトルマッチをおこなうというドラマ展開はいささか性急だった。ディテールにこだわるニューヨーカーは13年まえの“あるシーン”を思い出していた。

 1970年12月のことだった。“ロシアの怪豪”イワン・コロフがTVマッチでブルーノ・サンマルチノを襲い、右肩を“脱臼”させた。リング・ドクターはサンマルチノにタイトルマッチの延期をうながすが、サンマルチノはこれを拒否してコロフとの一戦を強行し、7年8カ月にわたり保持したWWE世界ヘビー級王座から転落した(1971年1月18日=ニューヨーク)。

 ビンス・マクマホンの全米マーケット進出計画はすでにはじまっていた。1983年夏、西海岸エリアのロサンゼルス、サンノゼの2都市で試験的なハウスショーがスタートした。ロサンゼルスは地元プロモーターのマイク・ラベールとのジョイント興行で、サンノゼはWWEの自主興行だった。

 ケーブルTVを使ったメディア戦略も同時進行していた。WWEは、テキサス州サンアントニオのローカル団体SCW(サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング=ジョー・ブランチャード代表)が毎週日曜の朝、USAネットワークで放送していたプロレス番組の時間帯をそっくりそのまま買い上げ、そこに新番組“オール・アメリカン・レスリング”をレイアウトした。

 ビンスはUSAネットワークから“放送時間”と“CMタイム”をまとめて買いとることで、もともとそこにいたSCWをチャンネルから追い出した。USAネットワークもサンアントニオの“田舎のプロレス”よりもWWEとの継続的なビジネスを望んだ。

 WWEとUSAネットワークはそれから10年後の1993年、毎週月曜夜のプライムタイムに新番組“マンデーナイト・ロウ”の放映を開始し、この番組はWWEの看板ショーとして現在もつづいている。

 ビンス自身が司会をつとめる“オール・アメリカン――”は、全米各地のメジャー団体の試合をまとめたオムニバス番組だった。ビンスの“計画”をまだ知らないAWA、NWAクロケット・プロ、NWAフロリダ、ダラスWCCW(ワールドクス・チャンピオンシップ・レスリング)は“宣伝”として無償でWWEに試合映像を供給していた。

 “オール・アメリカン――”は、WWEのTVマッチとともにAWAのハルク・ホーガン、NWAのリック・フレアー、WCCWのケリー・フォン・エリックらの試合映像を番組の売りものとしてフィーチャーした。ビンスにとって、それは1年後のWWEの“予告編”だった。

 バックランド対アイアン・シークのタイトルマッチは、11分50秒、シークのキャメルクラッチが決まったところでTKO裁定となった。リング内にタオルを投入したのはバックランドのセコンドについていたアーノルド・スコーランだった(1983年12月26日=ニューヨーク)。

 通算5年10カ月にわたりマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦の主役をつとめてきたバックランドにとって、それはあまりにもあっけない幕切れだった。ビンスは、すでに次なるプランを実行に移しつつあった。近未来SF“1984”がはじまろうとしていた。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中