花屋の店先に「射撃班」と書かれた謎の中国語が…インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

 昨年、「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた“インバウンド”。海外から日本へ来る観光客を指すこの言葉を、今やメディアを通じてだけでなく、日常でも耳にすることが増えた感がある。観光庁が発足した2008年の訪日外国人数は835万人。その後、リーマンショックや東日本大震災の影響で一時低迷もしたが、昨年の訪日外国人数は1973万人に達したという。

 しかし、大挙として外国人が訪れたために、困った事態も発生しているというのは『爆買いの正体』(鄭世彬著・飛鳥新社)の構成者を担当したインバウンドウォッチャーの中村正人氏。

「もともと日本人は外国人との会話が苦手。なのに“爆買い”を取り込もうと各店が我流で外国語の案内を増やし、今や中国語や英語による看板や商品表示の誤表記が街に溢れています」

 実際に街で外国人に聞いてみると「ニッポン大好き!」という絶賛の声が多い中、「誤った案内で迷子になった」というケースは少なくない。

 果たしてどんな「珍案内」があるのか?

「扉の前でなにか告白しないといけない」!?


 まずは英語編。入り口の扉に日本語で『手で開けて下さい』と書かれた下に『Please, open yourself.』と英訳が。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037390

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『あなたの心を開いて』!?

「これじゃ『あなたの心を開いて』みたいな意味になりマスヨ。正しくは『Please open by hands』とか」(英会話講師・オーストラリア人)

「ゴミ箱なの? ゴミ箱じゃないの?」


 さらに、ニュージーランド人が送ってくれた画像には、『ゴミ捨て場ではありません!!!』と書かれた下の英語は『No! DustBox!!』。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037391

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『違う! ゴミ箱!!』!?

「『No Dust Box』ならいいけど、これだとむしろ『違う! ゴミ箱!』って逆に主張しているのかと思った」(観光客・NZ人)

「買うと撃たれるんかい!」


 さらに、インバウンドの主役、中国人観光客が花屋の前で仰天した注意書きがこれ。『Sorry 射击班』

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037412

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『射撃班』!?

「撮影禁止」(正しくは「禁止拍照」など)と言いたかったんだろうけど「射击班」は「射撃班」というスナイパー部隊みたいなな意味に。これはGoogle翻訳の誤訳。

「なんで日本のパン屋に共産党のスローガンが!?」


「はちみつりんごの『アンパン』」を宣伝するビラに『蜂蜜苹果 安邦』。音は間違ってないんだけど「安邦」だと「国をよく治める」という意味、まるで共産党のスローガンに!?

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037438

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

まるで共産党のスローガン!?

 1/26発売の週刊SPA!「ここがへんだよ[日本のインバウンド]」では、こうした誤記看板のほかにも、どっか滑ってる「OMOTENASHI」について外国人観光客&日本在住の外国人の皆様に指摘してもらっている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!2/2号(1/26発売)

表紙の人/ 有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
爆買いの正体

「断言します、この現象は、まだまだ終わりません!」

関連記事

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中