花屋の店先に「射撃班」と書かれた謎の中国語が…インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

 昨年、「ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた“インバウンド”。海外から日本へ来る観光客を指すこの言葉を、今やメディアを通じてだけでなく、日常でも耳にすることが増えた感がある。観光庁が発足した2008年の訪日外国人数は835万人。その後、リーマンショックや東日本大震災の影響で一時低迷もしたが、昨年の訪日外国人数は1973万人に達したという。

 しかし、大挙として外国人が訪れたために、困った事態も発生しているというのは『爆買いの正体』(鄭世彬著・飛鳥新社)の構成者を担当したインバウンドウォッチャーの中村正人氏。

「もともと日本人は外国人との会話が苦手。なのに“爆買い”を取り込もうと各店が我流で外国語の案内を増やし、今や中国語や英語による看板や商品表示の誤表記が街に溢れています」

 実際に街で外国人に聞いてみると「ニッポン大好き!」という絶賛の声が多い中、「誤った案内で迷子になった」というケースは少なくない。

 果たしてどんな「珍案内」があるのか?

「扉の前でなにか告白しないといけない」!?


 まずは英語編。入り口の扉に日本語で『手で開けて下さい』と書かれた下に『Please, open yourself.』と英訳が。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037390

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『あなたの心を開いて』!?

「これじゃ『あなたの心を開いて』みたいな意味になりマスヨ。正しくは『Please open by hands』とか」(英会話講師・オーストラリア人)

「ゴミ箱なの? ゴミ箱じゃないの?」


 さらに、ニュージーランド人が送ってくれた画像には、『ゴミ捨て場ではありません!!!』と書かれた下の英語は『No! DustBox!!』。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037391

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『違う! ゴミ箱!!』!?

「『No Dust Box』ならいいけど、これだとむしろ『違う! ゴミ箱!』って逆に主張しているのかと思った」(観光客・NZ人)

「買うと撃たれるんかい!」


 さらに、インバウンドの主役、中国人観光客が花屋の前で仰天した注意書きがこれ。『Sorry 射击班』

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037412

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

『射撃班』!?

「撮影禁止」(正しくは「禁止拍照」など)と言いたかったんだろうけど「射击班」は「射撃班」というスナイパー部隊みたいなな意味に。これはGoogle翻訳の誤訳。

「なんで日本のパン屋に共産党のスローガンが!?」


「はちみつりんごの『アンパン』」を宣伝するビラに『蜂蜜苹果 安邦』。音は間違ってないんだけど「安邦」だと「国をよく治める」という意味、まるで共産党のスローガンに!?

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037438

インバウンドでへんてこ外国語看板が増殖

まるで共産党のスローガン!?

 1/26発売の週刊SPA!「ここがへんだよ[日本のインバウンド]」では、こうした誤記看板のほかにも、どっか滑ってる「OMOTENASHI」について外国人観光客&日本在住の外国人の皆様に指摘してもらっている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!2/2号(1/26発売)

表紙の人/ 有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
爆買いの正体

「断言します、この現象は、まだまだ終わりません!」

関連記事

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中