春夏の「ユニクロ×ルメール」コラボ商品マストバイ3選

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第60回目をよろしくお願いします。

 昨年10月、ユニクロとルメールのコラボ企画がありました。「ブランドの頂点」といっても過言ではないエルメスのデザイナーを務めたルメールと、世界屈指の生産背景を持つユニクロがコラボしたとあって即日完売品も続出。ユニクロ銀座店ではユニクロ史上指折りの規模で発売前に行列ができるほど。いまだに人気商品はヤフオクで転売されていたりもします。

 そんな格安で極上デザインが手に入る「UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロアンドルメール)」が2016年春夏も展開されます。今回がルメールとのラストコレクションになるそうで、前回以上の行列・完売・転売などが予想されます。発売は3月4日ですが、ユニクロ主催の「試着会」に潜入してきましたので、今回は「これだけは買っておいてまちがいない!」というマストバイアイテムを3つ紹介しておきます!

「ユニルメ」マストバイ第3位
ツイルストライプシャツ(半袖) 2990円(+税)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037754

ツイルストライプシャツ(半袖) 2990円(+税) まずはこちら。60年代風のルーズフィットのストライプシャツ。実は2016年春夏からトレンドは「無地」から「柄物」に移行。今までは無地でシンプルなスタイル、いわゆる「ノームコア」が人気のスタイルとなっていたのですが、2016年からは「タッキー(悪趣味な)」というスタイルが海外を中心に出はじめています。「柄物」「悪趣味」と書くとなんだか毒々しい流行を連想するかもしれませんが、なんのことはありません「今まで無地ばっかりだったから、今年からは柄物着ようぜ!」くらいの感覚でOKです。

ツイルストライプシャツ(半袖) 2990円(+税)「柄物」と聞くと子供っぽいイメージがあって、「30すぎた俺にはちょっと厳しいな……」と思うかもしれませんが、ご安心を。今回のコレクションはそういった「柄物トレンドだけど、派手な柄は抵抗がある」という保守的な日本人の感覚を反映しているのか、ストライプのシャツをラインナップしているからです。

 このシャツがなんともいいでき。ツルッとしたツヤのあるドレスライクな素材感で大人っぽく、柄物でも子供っぽさを感じさせません。着まわしやすいルーズシルエットではありますが印象的で目につきやすいストライプで縦長のシルエットを強調しているため、ルーズな形でも体型は細く見えます。ボーダーは横長ですが、ストライプは縦長を強調してくれるため、「中年太り」が気になる私のような体型難アリ男性にこそオススメしたいアイテムです。

▼▼「ユニルメ」マストバイ第2位
エクストラファインコットンブロードコンバーチブルカラーシャツ(長袖) 3990円(+税)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037772

エクストラファインコットンブロードコンバーチブルカラーシャツ(長袖) 3990円(+税) 続いてこちら。ブロードのシンプルなシャツですが、素材も形も値段も抜群にいい! まず素材ですがハリとツヤのあるブロードを採用していて、ドレスライクなつくり。3000円~4000円台のシャツにありがちな安っぽいテカリやペラペラ感は微塵もありません。また特筆したいのが「襟」。襟がかなり小さめに設定されていて立たせてもまったく違和感なし。

エクストラファインコットンブロードコンバーチブルカラーシャツ(長袖) 3990円(+税) 写真では後ろ襟だけ立たせています。襟が立つと顔まわりに布がくるので小顔効果を生み出せます。通常のシャツでは襟が大きいため立たせると「ホスト」のような印象になってしまいますが、このくらい小さめの襟なら自然な印象に。また素材も厚さがあるため立たせても「ヘニャッ」となりにくい。

「シンプルで長く使える形のいい白シャツ」はメンズファッションの必携アイテムですが、それが3990円(+税)で買えちゃいます。前回のルメールコラボでもシャツが爆発的な人気で、転売屋が人気カラーを根こそぎ買い占めるなんてことも。こちらも同様に人気が出そうです。

▼▼▼「ユニルメ」マストバイ第1位
キャンパススリッポン 2990円(+税)

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1037778

キャンパススリッポン 2990円(+税) 第1位はスニーカーです。商品説明会では「6回も作り直した」と言っていましたが、確かに形が絶妙。スニーカーは基本的に「ボテッ」とした丸型が多く、子供っぽい印象を与えます。大人が考えなしにNIKEなどのボリュームスニーカーを合わせてしまうと野暮ったさだけが急激に強調されるのはこのためです。そこで大人が選ぶべきスニーカーは「革靴のような形のもの」がオススメ。ソール(靴底)がスニーカーのように厚手ではなく薄めで、形はやや細めが理想。あまりにもトゥを尖がらせすぎたりするとこれまたホストのように気取った印象になってしまうので、バランスが難しいのですが……このユニクロルメールのスリッポンはそんな絶妙なバランスを突いた秀作。

 バレーシューズのようにソールがペタンと薄く、また革靴のようにトゥが細くシャープな印象。キャンバス素材なので伸縮性もあり履き心地も上々でした。商品説明から察するにこのアイテムはユニクロも一番自信を持ってリリースしている感があります。2990円(+税)で大人な印象のスニーカーがGETできます。これは即日完売も有り得るアイテムです。スニーカーだけは4月下旬発売となっているのも、もしかして混乱を避けるためかも???

 駆け足で紹介した「ユニクロアンドルメール2016春夏」ですが、毎週配信のメールマガジンではさらに細かく展開しているアイテム全品解説も行っています! 興味ある方はそちらもぜひご参考に。 <取材・文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー(@MBKnowerMag)。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(www.neqwsnet-japan.info)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売! 初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中