シングルマザーたちの複雑な恋愛心理「受け入れてくれるのは100人に1人」

 どういう巡り合わせなのか、ゴメス記者は最近シングルマザーと出会う機会がやたら多い。そして、そのママたちの年齢が20代後半~30代前半と、けっこう若めで、しかも、どの子もこの子もめっぽう美人だったりして、さらには、連れてこられたり写メを見せられたりするその子どもまでもが超可愛いらしかったりするもんだから(なんの偶然なのか、娘ばかりだったりする)、「これからはシングルマザーの時代!」なんて記事を書こうと思いきや……私たちを落とすのはそう簡単じゃないのよ、と複数のシングルマザーから忠告を受けた次第である。いったい、どのへんが「簡単じゃない」のか? 彼女たちのリアルな声から分析してみたい。

「受け入れてくれるのは100人に1人」シングルマザーたちの複雑な恋愛心理

画像はイメージです

 ゴメス記者ことボク、山田ゴメスは今年54歳になる。子どもはいない。20~40代のころは「一生子どもはいらない」といった確固たるポリシーがあって、それなりの注意も払って生きてきた。

 でも、50歳を超えたあたりから、「子どもがいたら楽しいかも?」と、確固たるはずだったポリシーが揺らぎ始めてきた。……とは言え、仮に今すぐ仕込んだとして、生まれた子どもが成人式を迎えるのはボクが75歳になったとき。ならば、その年齢差を少しでも埋めるためにも、さらには乳児期や幼児期の“面倒な子育ての期間”を端折れるというメリットも加え、「最近、シングルマザーがイイなあ…って思うんだよね~」と、とあるシングルマザーにプレゼンしてみたところ、このような回答が返ってきた。

「シングルマザーに寛大なその気持ちはとてもありがたいし、現にそう言ってくださる男性も、じつは心持ち増えてきているんです。けど、正直、『ホントかよ!?』て気が勝ってしまい、今イチ信用できないんですよね……」(S代さん:デリへル嬢/27歳・娘2歳)

 ボクの口調が軽すぎたのか、それとも見た目がチャラいのか? いやいや、問題はおそらく、もっと根深かったりする。

「そもそも『シングルマザーが好き』って言葉自体に矛盾があるんです。じゃあアナタは子どもがいる私が好きなの? 違うでしょ。おそらく子どもがいなくても好きになってくれるんでしょ? だったら、子どもは“いないほう”がよりベターでしょ?」(S代さん)

 まさにグウの音も出ない完ペキなロジック。「そこまで頑なにならんでも…」と、つい口から漏れてしまいそうにもなるが、こういう一種のニヒリズムにも似た男性観は、なにもS代さんにかぎったものではないようだ。

「私の感覚では、心底から『シングルマザーでもかまわない』と言ってくれる男性は100人に一人いるかいないか。つまり、私たちは常に“男性を選ぶ”のではなく、“男性から選んでいただく”というスタンスなんですよ。裏を返せば、“そうポンポンと100分の1の確率が巡ってくるはずかない”という考えが染みついちゃっているから、慎重になるのはしょうがないと思う」(M美さん:派遣社員/31歳・娘4歳)

 そんな彼女たちに言い寄ってくる男たちが口にする“口説き文句”のなかでも、もっとも定番かつNGなのは、以下の3つなのだそう。

1.俺、子ども好きだから
「子持ちバツイチで子育て経験のある方ならまだしも、子どもの面倒な部分を体験したことのない男が言ってくる、この安易なセリフはまったくアテになりません。そこまで言うなら『毎日夜泣きしてもちゃんとニコニコしていられるんだよね?』『一度子どものウンチを触ってみなさいよ!』と突っ込みたくなる。親戚や友だちの子どもやペットレベルで『子どもが可愛い』なんて博愛主義を公言してほしくない。私たちシングルマザーは“すべての子ども”じゃなく“自分の子ども”だけを愛してもらいたいんです」(E佳さん:接客業/26歳・娘1歳)

2.たまには二人で会わない?
「それができるんだったら、苦労はしませんよ(笑)。ほとんどのシングルマザーは、保育所や両親に子どもを預けて仕事をしているんです。経済的にギリギリだったり、肩身の狭い思いをしながら毎日を生きているんです。だから、プライベートだと必ず子どもが付いてくるのは大前提! デートするなら3人で。エッチも3ヵ月に一度ほど外泊できたとき、子どもが寝てから、やっと、そっと……が当たり前なんです」(M美さん)

3.子どもも一緒に全部面倒見るから!
「結婚したら、いきなり確実に“お金を稼げない扶養家族”が最低でも一人は増えるんですよ? よほどのお金持ちでもないかぎり、家計は相当厳しくなるわけです。そこらへんの冷静な将来設計も立てず、勢いだけでこういうセリフを言われても、白けてしまうだけ」(Y美さん:アルバイト/29歳・娘5歳)

 こう心を固く閉ざすシングルマザーたち……。はたして彼女たちのソウルを揺さぶる“必勝のセリフ”はあるのだろうか? ある二人の娘を持つシングルマザーは、自分に好意を寄せてくれている一人の男性が、さり気なくささやいた次の一言にグラッと来て、再婚を決意したという。

『僕にはすでに二人の娘がいるから、新しい子どもはいらないよ』

「もし、再婚して新しい子どもができたら、その夫がその子ばかりを可愛がるんじゃないかって不安が、シングルマザーには常にあるんです。現実に新しい子どもができる・できないは置いておいて、そういう肩の力が抜けた考えを自然と口にしてくれたら、私たちも安心できるんです」(R子さん:公務員/33歳・娘5歳と3歳)

 ちなみに、R子さんは上記の男性と“なんとなく付き合っている”関係になって、3年以上。「シングルマザーと真剣に付き合いたいなら、とにかく地道さと根気強さが不可欠」と語る。易々とボク、ゴメス記者みたいに「シングルマザーがいい!」などと提唱する前に、それなりの覚悟を決めるべきだということだ。

 最後に「シングルマザーの適齢期」について、こんな意見があったので、紹介しておこう。

「できれば、子どもには離婚→再婚といった複雑な事情や空気を悟られたくないので、子どもが2歳、最悪でも3歳になるまでは再婚したいんですけどね……(笑)」(S代さん)

<取材・文/山田ゴメス>

【山田ゴメス】
山田ゴメス1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。また『解決!ナイナイアンサー』のクセ者相談員の一人でもある。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

クレヨンしんちゃんたのしいお仕事図鑑

プロ野球&プロサッカー選手、アイドル、芸人、電車の運転士、警察官、美容師、お花屋さん…など人気の仕事17種類を大調査。

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中