マクドナルドが船員を募集!? 中国人をもビビらせる「日本の誤訳看板」の数々

 中国ではオモシロすぎる誤訳を“神翻訳”と呼ぶ。下記はその一例である。

<中国で見かける“神翻訳”の代表例>

●中国の空港にある「ライスヌードルの外側」と書かれた看板

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041095

「1メートルラインの外側でお待ち下さい」が「ライスヌードルの外側でお待ち下さい」に。

中国にある空港の看板

「请在一米线外等候(Please wait outside rice-flour noodle)」とある空港の看板。「1メートルラインの外側でお待ち下さい」の意味だが英訳は「ライスヌードルの外側でお待ち下さい」に。「米線」(メートルライン)が「米線」(雲南名物のライスヌードル)と誤訳された悲劇。

●中国にある「翻訳サーバーエラー」と書かれたレストランの看板

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041096

翻訳サイトで表示されたエラーメッセージに気づかずに看板にしてしまったようだ

中国にあるレストランの看板

「餐厅」(レストラン)の脇に英訳がついているが「Translate server error(翻訳サーバーエラー)」と書かれている。どうやら翻訳サイトで表示されたエラーメッセージに気づかずに、そのまま看板にしてしまったようだ。

<日本でもスゴイ誤訳の数々>

 ネットを通じてこうした「中国の恥」は世界の笑いものにされてきた。ところが今では、大勢の中国人観光客を受け入れる日本の神翻訳が中国人に失笑される事態に。

 ある日本の食堂では中国語で「ウナギの蒲焼き(前衛)」と書かれた謎のメニューが登場。「半身」と言いたいのが「ハーフ→(サッカーの)ミッドフィルダー」となった結果だ。なぜこんな誤訳が量産され続けるのか。

ウナギの蒲焼き「中国人客が日に日に増え、上司が『誰か知り合いで中国語がわかる人に聞いてこい!』と。知人と翻訳ソフトを頼りに、案内を作った」(ホテル・男・29歳)など、接客の現場で翻訳のための予算がつかないことも一因のようだ。ネット時代の今なら、数千円でまともな翻訳が手に入るのだが……。

 以下、日本がやらかした語訳の数々を紹介しよう。

●船員募集する!? マクドナルドの求人募集

中国人に伝えるなら正しくは「服務員」

「船員」を募るマクドナルドの求人

『新的船員大学招募』……マクドナルドが「クルー」を募集したつもりが、「船員」を募ることに。中国人に伝えるなら正しくは「服務員」。

●恐怖の飲食店「いらっしゃいませ!食べてもだいじょうぶ、おいしい海鮮」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041112

中国人をもビビらせる一文

恐怖の飲食店

『歡迎光臨!能吃好吃的海鮮!』……「能吃(食べられる)」とあるせいで、「日本は食べられない海鮮も売っているのか!?」と中国人をもビビらせる一文。

●ホラーなホテル…宿泊客への注意書きが怖すぎる

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041113

窓から続々と人が入り込んでくるホテル!?

窓から続々と人が入り込んでくるホテル!?

 とあるホテルにあった宿泊客への注意書き。

「こちらの窓を開放されますと、室内に蚊などの虫が多く侵入致します。(特に春~秋の季節)窓はなるべく閉めたままでお過ごしください。ご不便をお掛け致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。」

 この中国語訳だと「窓から昆虫、例えば蚊や多くの人が部屋に入ってきます。(特に春から秋の季節には)。窓は閉めてください。可能なかぎり。ご迷惑をおかけします。ありがとうございました」――窓から続々と人が入り込んでくるホテル。そんな部屋いやだ!

●ホテルで意味不明の自己紹介が……

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041212

「打掃房間」で部屋掃除という意味だが、「我是」では「私は~です」の意味になり、これじゃ意味不明の自己紹介である

ホテルで意味不明の自己紹介!?

『我是打掃房間』……「打掃房間」で部屋掃除という意味だが、「我是」では「私は~です」の意味になり、これじゃ意味不明の自己紹介である。

●「悠さんの靴を脱がしてください」飲食店の座敷入り口にあった謎のお願いをする張り紙

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041114

とあるレストランにて、「您」(あなた)を「悠」と書き間違えたもの

とあるレストランにて、「您」(あなた)を「悠」と書き間違えたもの

『請脱下悠的鞋』……とあるレストランにて、「您」(あなた)を「悠」と書き間違えたもの。悠さんとは誰なのか、いきなり靴を脱がしても怒らないだろうか。

― ここがへんだよ[日本のインバウンド] ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中