「アナベル、外に出てふたりで話そう!」――46歳のバツイチおじさんはライバルに先を越され窮地に立たされた 【第13話】

英語も喋れないのにたった一人で世界一周の旅に出ることになった「46歳のバツイチおじさん」によるズンドコ旅行記、今回はセブ島スパルタ式英語合宿篇のついに最終回です。前回、棚ボタ式に愛しのアナベルとクリスマス旅行にいけることになったバツイチおじさん。果たして、ムーディーな夜に愛の告白をすることができたのでしょうか!? 今回、花嫁候補ナンバー1のマドンナ、アナベルとの物語に、ついにピリオドが打たれます! 

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」【第13話 真夏のクリスマスイヴ】

まもなくクリスマスイヴを迎えようとしている。
セブ島は1年を通して暑い。クリスマスでも真夏なのだ。
そして、2か月にわたったスパルタ式英語合宿も、まもなく終わる。
俺は卒業旅行と題して、アナベルとカモテス島のビーチリゾートで「真夏のクリスマスイヴ」を過ごすこととなった。若い韓国人グループに日本人のおじさんが一人混じった2泊3日のバカンス旅行だ。

12月24日、早朝4時30分。
前日にライアンが買い込んだ30本は超えるビールとダンボール二箱分のチャミスル40本くらい。そして、ダンボール一箱分の韓国の辛いカップラーメンを車に積み込み出発した。俺は旅のメンバー、エマにレベル3になった英語で話しかける。

俺「オー!ツー メニー アルコホール(すごい量の酒だね!)」
エマ「ライアン イズ クレージー!(ライアンはクレージーよ!)」


英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ最近の日本人の若者はほとんどお酒を飲まないが、韓国人の若い男女はこの量の酒になんの抵抗もないようだった。酒飲みの俺とは相性が良い。ちなみにライアンは前日飲みすぎて遅刻。後から合流となった。男3人女5人でカモテス島行きの港に向かった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041350

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ港に到着すると、クリスマスイブをビーチで過ごしたい人が多いのか、もの凄く混んでいた。そして、俺らが予定していた8時発の船にはどうやら乗れないとの情報が飛び込んできた。
こんなに楽しみにしていたクリスマス旅行なのに、まさかの、いきなりの足止めである。

すると、偶然そこでロイを見かけた。

ちなみにロイとは、前回ボホール島に行ったときアナベルやジェーンと一緒にいた、グイグイチームのリーダーであるあの台湾人だ。アナベルやジェーンが「船に乗れなくて困ってるの」とロイに言うと、即座に動いてダフ屋と交渉してチケットをゲットしてくれた。
やるな、ロイ……。
どうやらロイはアナベルかジェーンのどちらかを狙ってるようだ。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴなんとか船に乗り込むと、カカオトークのグループに俺を招待してくれた。
こうして俺はアナベルのカカオトークIDをゲットすることができた。なんとなく、アナベルとの距離が徐々に近づいているような気がする。よし、今日がラストチャンスだ。この2泊3日の間に、俺の思いを伝えなければ……。

セブ島から離れて3時間。
リゾート地化されていない牧歌的なカモテス島が見えてきた。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ船を降りると、ジプニーと呼ばれる、トラックの荷台に席を作った乗り合いバスがたくさんいた。一番年上であるエマが1日貸切り1500ペソ(3710円)で交渉し、ジプニーを借りた。韓国人のこのグループでは、一番年上のエマがまとめ役になっているようだった。
ジプニーに乗り込むと、全員でビールを開け「乾杯!」。
みんな滅茶苦茶ノリがいい。「私、飲めないんです~」なんていう子は一人もいない。おしとやかそうなアナベルもビールを瓶でラッパ飲みしている。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ会話の95%は韓国語。
英語じゃないと俺が孤立するので、会話のタイミングを読んで俺は冗談ぽくこう叫んだ。

「スピーク イングリッシュ! ビコーズ ウィーアー イングリッシュ スクール スチューデント(英語で話そうぜ。なぜなら俺たちは英語学校の生徒なんだから)」

すると、笑いが起きしばらくは英語の会話が続く。
が、すぐにまた韓国語に戻ってしまう。
まぁ、いい。旅の一体感は徐々に心地よくなっていく。

一日観光のジプニーが、なぜかホテルに到着した。エマに「あれ?一日観光じゃないの?」と聞くと「そう思ったんだけど、朝早かったし、みんな疲れてるから運転手と交渉して、同じ金額で明日観光してもらうことにした」と答えた。すげー適切な判断。行動力も交渉力もある。エマは元サムソンの社員だったとのこと。さすがである。

ホテルでは、男部屋でライアンを含めた4人が雑魚寝。お年寄りということで一番良いベッドを譲ってくれた。優しい。隣は女子5人が雑魚寝。
遅めのランチをとると、そこでもみんなビールを頼む。みんなで乾杯。本当に気が合う。アナベルとも目を合わせて乾杯。
その後、全員で水着になり、ビーチで集合することに。

やった! アナベルのビキニ姿が見れる!

瞬間的にテンションが上がるも、アナベルは日に焼けないためラッシュガードを上に着ている。ちょっぴり残念。
どうやら若い韓国人女性の間でラッシュガードが流行ってるようだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041354

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴみんな全身で喜びを表現しながら海に飛び込んだ。
俺はその光景を見ながらあることに気づいた。
韓国人は喜怒哀楽の感情表現が本当に豊かだ。
人に気遣うわけでもなく、楽しい時は思いっきり笑うし、海に突き飛ばされたりしたら、思いっきり怒る。

昔、岡本太郎の本に「日本人の顔は死んでいる」と書かれていたが、確かにそうだと思った。韓国人はわかりやすい。本音で語りかけてくる。
フィリピンの先生たちが「日本の映画やドラマは暗いし、複雑でわかりにくいからあんまり見ない。でも韓国ドラマや映画は好き」と言っていたのを思い出した。娯楽においても、シンプルでわかりやすい感情表現が重要だと思った。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴということで、46歳のバツイチおじさんも自らの感情表現を炸裂させるべく、15メートルの崖から海へ飛び込んでみた。
一同大盛り上がりでまた一つ壁がなくなった。

⇒【動画】http://youtu.be/tKMnLHryObk



日が沈み、辺りが暗くなってきた。
いよいよ、真夏のクリスマスイブ。初めての経験だ。
どんなディナーなのか?
どんなパーティーをするのか?
実は全く知らされてなかった。
ライアンがやっと到着したので、聞いてみた。

俺「クリスマスイブの夕食どうするの?」
ライアン「この部屋でパーティーだよ!」

俺はテンションがあがった。

「念願のアナベルとのクリスマスイブだ!」

7時になると、女子たちがお湯を持って部屋に入ってきた。
そして、大量の辛いカップラーメンにお湯を入れ始めた。

俺「もしかして、今日の晩御飯ってカップラーメン?」
アナベル「そうよ。今日は飲むよ~ゴッツー」

アナベルに「ゴッツー」と呼ばれ、ドキッとした。
カップラーメンのクリスマスイブで喜んでいるアナベルを、さらに愛おしく思った。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴいや、むしろ・・・。
イヴに辛いカップラーメンというこのシチュエーション、
逆にロマンチックだよ。
俺は、高田馬場にある演歌のかかるガード下のおでん屋に、元妻とクリスマスイブに行ったことを思い出した。

元妻「なんで山本譲二? みちのく一人旅? 笑っちゃう」
俺 「うん。俺たちキリスト教徒じゃないし」
元妻「……でも私、こんなクリスマスイブも好きよ」

カップラーメンができると、大量のチャミスルとビールが開けられ、クリスマスパーティーが始まった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1041357

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ外はいつしか大雨になっていた。
しかし逆にそれが、部屋の密室度を高め、異様な盛り上がりを見せた。
とりあえず韓国人はチャミスルを飲む飲む。
酒の強い俺も、彼らの飲むペースの速さにびっくりした。
絶対に買いすぎだろうと思っていた箱いっぱいのチャミスルが次から次へと無くなっていく。
チャミスル一気が飲めないと「お前男じゃない!」と怒られる。女も怒られる。昔の体育会系ノリだ。
アナベルを見ると、負けじとチャミスルを飲んでいた。
白い肌がピンク色になってさらに可愛くなっていた。
すると、酔っ払ったアナベルが俺にこんなことを言ってきた。

アナベル「アイ トークド ジェーン アバウト ゴッツー ユー ルックライク キャット ツー プレイ ア シュレック(ずっと前からジェーンと盛り上がってたんだけど、ゴッツーってシュレックに出てくる長靴を履いた猫にそっくりだよね)」

すると、女子たちが「似てる似てるー!」と大騒ぎで盛り上がった。
ん?
ちょっと待てよ。
……てことは、アナベルはずっと前から俺の噂をしてたってことなんだ。
俺のテンションは急速にあがり始めた。

「なんかいい感じだぞ!」

全体の空気を壊さず、アナベルと二人きりで話せるチャンスが来ればいいな、と思った。俺は酒を飲みながら、そのタイミングを待つことにした。

その後、3時間ぐらいみんなで酒を飲んだ。さすがにみんな酔っ払ってきた。声のトーンも倍になっていた。アナベルの目も少し座ってきて、よく喋りよく笑っている。かなり酔っているようだ。おしとやかなイメージがあるが、割と活発な娘なのかもしれない。女子同士ベッドに座って歌を唄ったり、じゃれたりし始めた。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴアナベルと喋りたいが、そんなことしたら男たちにヒンシュクを買うし、せっかく誘ってくれたライアンの面子を潰したくない。
俺は男同士で酒を酌み交わし、親交を深めていた。

すると突然ドアが開いた。
ロイと台湾人グループが料理をおみやげに部屋に入ってきたのだ。
すでに酔っ払っていた俺たちは突然の来客に盛り上がった。
ロイは英語でひたすらおしゃべりを始め、韓国人の男たちを酒で潰し始めた。気の良い男子たちは「受けて立つぞ!」とうスタンスで酒を飲んだ。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴロイはひとしきり男子たちと酒を酌み交わしたあと、おもむろに酔っ払ったアナベルの隣に座った。
そしてひたすらアナベルを口説きだした。
男たちの間で「なんだこいつ」という空気が流れる。
しかし、ロイはそんなのお構いなしだ。
周りのヒンシュクなんて関係なくとにかく口説きまくる。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴそして、「アナベル、外に出てふたりで話そう!」というロイの声が聞こえた。

えっ……。

いや、大丈夫だ。
そんな安い口説き文句にアナベルが乗るわけない。
俺は安心して、ライアンと酒を飲んでいた。ところが……

ええっ……。

ふと見ると、ロイとアナベルはおもむろに席を立ち、外に消えていった。

えええええっ……!!!

俺は頭を整理整頓しようとしたが、酔っ払っているためさらに混乱した。
トイレかもしれない。そう思うことにしたが、10分たっても全然帰ってこない。
次の瞬間、酒を飲み続け、盛り上がるみんなの声が一切聞こえなくなった。
盛り上がり続けるみんなの姿が、サイレント映画のスローモーション映像のように見えた。

そして20分後――。
ロイとアナベルは部屋に帰ってきた。
俺は動物的な感覚を研ぎ澄ませながらアナベルの顔を見た。

あれ……?
なんか二人とも、ちょっとだけすっきりしている……?
なんか……
すっきりした感じが、表情からこぼれ落ちておる!

いやいやいや。
そんなことあるわけがない。
おそらく、酔い覚ましに散歩でもしてたのだろう。
もしくは、普通にトイレでも行ってすっきりしたのだろう。

だが、ロイとふたりで消えた事実は、
俺の心の奥深くにぐさりと突き刺さった。
その後、部屋に戻ってきたふたりは、ずっといい感じだった。

俺は外に出て海風にあたった。
そして、アナベルのすっきりした顔を何度も思い出した。
すると、KUWATA BANDの超名曲 『MERRY X’ MAS IN SUMMER』の一節が頭に流れてきた。

Let it be. この夏は もうこれきりね
夢見るよな 甘いBrown-eyes
お別れで濡れてた


俺はフラれた。
告白する前にフラれた。
若い男女の恋をおじさんが邪魔しちゃいけないよね。
本能的にそう感じた。

こうして俺の真夏のクリスマスイブは終わった。

翌日、ロイたちの台湾人グループは先に帰り、俺たちのグループだけになった。実はカモテス島は流れ星がめちゃくちゃ綺麗らしい。もしかしてもしかしてだけど、そこで2ショットになるチャンスが来るかもしれない。
俺はあきらめの悪い奇人、後藤隆一郎だ。
流れ星の下で語り合えば、ロイとの20分など一気に飛び越えちゃうんじゃないかと思った。よし、今度こそラストチャンス! 俺は奇跡を起こすんだ!

「流れ星を見て神様にこの恋がうまくいくようにお願いしよう」

ところが、その日は38年に一度のフルムーンクリスマスだった。
月の光が眩しすぎて、流れ星が全然見えない。
哀しいぐらいに、何にも見えない。
みんなで「流れ星が見えるかもしれない」と1時くらいまで粘ったが、アナベルはさすがに眠くなったらしく、部屋に戻って寝てしまった。

俺はライアン、テリー トニーの韓国人男子グループと「気合いで流れ星を見るぞ!」と待った。

「神様を味方につけるんだ。奇跡を信じよう!」

しかし、フルムーンは日の出まで輝き続け、結局は一筋の流れ星も見れないまま、俺たちは砂浜で眠ってしまった。
神様は恋の願いを叶えてくれなかった。
しかし、朝起きたら神様は「年の離れた韓国人の新たな親友」を与えてくれたんだと気づいた。

「Give Thanks to God(神様ありがとね)」

フォローのために一応書いておくけど、ロイも普段はめちゃくちゃいいヤツで、今でも友達です。男女関係がからむと面倒くさいね。ロイ、悪く書いてごめんな。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴその日の夜、学校に戻り、旅立つためのパッキングをした。
2か月間お世話になったこの学校ともついにお別れである。
荷物をこれ以上増やせないので毎日使ったボロボロの教科書はドミトリーに置いてきた。お世話になった友達に、ふりかけやチョコレート、インスタントコーヒーなどをあげた。

翌朝、目が覚めると俺は22㎏のバッグパックを背負った。
学校の校門に行くと、日本人、韓国人、台湾人の友達が見送りに来てくれた。
朝早かったのでアナベルはいなかったが、ライアンやテリーは来てくれた。
そして全員がお別れに韓国語版「蛍の光」を歌ってくれた。

⇒【動画】http://youtu.be/3ZBDlF8sXBw



英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ

朝まで星をみたライアンとテリー

別れを惜しみ、俺は2か月間お世話になった学校を去った。
同じ釜の飯を食った仲間が愛おしかった。
もう一度あの学食を食べたかった。
友達や先生や学校のスタッフ、カフェラのおばちゃんと離れるのが寂しかった。

「いろいろな経験をありがとうございました。またいつか必ず会いに来ます!」

カカオトークのグループトークは空港に着くまでずーとお別れのコメントが鳴りっぱなしだった。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴマニラ空港のトランジット(乗り換え)が6時間あったので、一人でこの連載を書いていた。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴすると、目の前に綺麗な白人女性が一心不乱にパソコンを叩いている。どうやらこの女性も乗り換えで飛行機を待っているようだ。俺は覚えたての英語を白人女性相手に使いたくなった。勇気を出して話しかけてみることにした。

俺   「エクスキューズ ミー フエアー フロム?」
白人美女「アイム フロム フレンチ バット ナウ アイ リブイン トウキョウ」
俺   「……えっ、日本語しゃべれるんですか?」
白人美女「……はい。日本人ですか?」
俺   「はい、日本人です。日本のどこに住んでるんです?」
白人美女「高田馬場に住んでる変なフランス人です」
俺   「えーー、渋いな~。俺も高田馬場に20年近く住んでましたよ」

話は日本語で盛り上がった。
彼女の名前はシモン・エリカさん。自称オタクのコンピュータープログラマー。
現在はコンサルティング会社に勤めているらしい。そしてフランス美女とは思えぬ予想外な言葉が出てきた。

シモン「私、ユーチューバーになりたいんです」
俺  「……ユーチューバーって。ヒカキンとかみたいに?」
シモン「はい、ヒカキン研究してます。好きなことしながらお金を稼ぎたい」

おーー、ヒカキン研究か。これは本物のオタクだ。しかも美女。
「面白い!」と思ったが、出会いは短かった。

シモン「私の飛行機がもうくるね。また日本で会いましょう!」

シモンとFacebookを交換しバイバイをした。
学校を出て空港まで移動しただけでこんな出会いもある。
アナベルのことや友達との別れで少々センチメンタルになってた俺だが、
彼女のおかげで随分気がまぎれた。
そして、次の国、タイでの出会いが俄然楽しみになった。

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ

シモン・エリカさんのFacebookのプロフィール写真

英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」 第13話 真夏のクリスマスイヴ

その後送られてきたシモンさんの写真

夜の22時。マニラ発の深夜飛行機でバンコクのスワンナプーム空港に到着した。
問題もなく入国審査を終えると、お金をおろすためATMを探した。
2か月前の空港で新生銀行カード飲み込まれ事件があったため、慎重になったが、ここのATMは日本語対応があったためすんなりとお金を下ろせた。とりあえずは約1万6500円分である 5000バーツを入手。

そのお金を持ってスマートフォンのSIMカードを買いに行った。フィリピンは回線が遅かったので4Gのネット回線を予約していると、見たことのある女性が目の前を通り過ぎた。

俺「Aちゃん!」
A「え? ごっつ? なぜここにいるの?」


それは、元カノとの偶然すぎる再会だった。
元妻と付き合う前に同棲して別れたAちゃんとこんなところで
再会するなんて……。
2か月かけて覚えた英単語がすべて吹き飛んでしまいそうになるほどの
衝撃を受けた俺は、しばらくその場に立ち尽くしていた――。


次号予告「元カノとの再会がとんでもないことに!? 奇跡の奇人、バンコクでたそがれる」を乞うご期待!

●後藤隆一郎(ごとうりゅういちろう)
後藤隆一郎IVSテレビ制作(株)のADとして「天才たけしの元気が出るテレビ!」(日本テレビ)の制作に参加。続いて「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ)の立ち上げメンバーとなり、その後フリーのディレクターとして「ザ!世界仰天ニュース」「トリビアの泉」「学べる!ニュースショー!」など数々の番組制作に携わる。現在はディレクターを休業し、「大体1年ぐらい」という期間限定で花嫁探しの旅に一人で挑戦中。バツイチ、46歳、通称ごっつ。

― 英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」―

この特集の記事一覧

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中