不動産のプロが明かす「“未公開物件”はウソ」

 住まい探しをすると必ず目にする「未公開物件」という売り文句。そもそも折り込みチラシに書かれていたり、ウェブサイトに載っていたりと簡単にアクセスできるにもかかわらず、「未公開」な時点で疑わしいが、いったいどういったメカニズムがそこにはあるのか。

「基本的にすべての物件は市場に出た瞬間に情報共有されるため、一度、市場に出た物件はどの不動産会社でも扱うことが可能です」と指摘するのは、『不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ』が大きな反響を呼んでいる不動産コンサルタントの城戸輝哉氏。

不動産コンサルタントの城戸輝哉氏

城戸輝哉氏

「特定の会社でしか扱っていない物件というのは、まずありえません。『お得な情報があったらください』と不動産業界にいると、挨拶のように言われますが、お客さんが期待するような『未公開物件』も『掘り出し物件』も基本的に存在しません」

 では、なぜ「掘り出し物」や「未公開」といった売り文句を業者側が使うのか。

「お客さんの購買欲を煽ろうとする業者側の営業戦略ですね。要は『未公開』『掘り出し』という言葉を使うことで、お客さんをコントロールしようという思惑が働いているのです。『今日明日中には決断しないと、別のお客さんに流れますよ』というセリフなども、営業の手法のひとつ。不動産業界は手数料商売なので、不動産業者側もいかに早く売り、次の客を取るかで頭がいっぱいなのです」

 そんな詐欺まがいの営業トークがまかり通るのには、不動産業界の構造にも理由があるという。

「不動産を求めるお客さんは大半が一見さん。初めて会ったお客さんに、掘り出し物のお宝物件を紹介するわけがないですよね? 常連客相手のビジネスではないうえ、売り手と買い手の情報格差が大きいので、現状は完全に業者側に主導権があるといえます」

「未公開」というフレーズには妙なお得感がある

 そもそも“相場に比べればお買得な物件”であっても、すぐに飛びつくのはオススメできないと城戸氏は強調する。

「自身のライフスタイルに合わない家だったら、いくらお買得でも、買う意味はありません。住まい探しで大切なのはマッチング。にもかかわらず、不動産屋さんに『お値打ち物件がほしいです』と言おうものなら、向こうが売りたい物件をガンガン持ってこられるのがオチです。しまいにはカモ認定され、営業電話や営業メールの嵐になって、逆にいい物件と悪い物件なのかの判断もつかず、情報に踊らされてしまうだけ。軸が定まらないままに物件購入を希望してくるお客さんに対して、不動産業者は予算が高めの人はこの物件、予算が低めの人はこの物件といった、機械的な仕分けしか考えません。残念ながら、購入者の要望を引き出してくれるような熱意や余裕のある不動産業者の営業マンは少数派だと認識しておく必要があります」

「未公開物件」という偽りのお得感に惑わされてしまうと、“情弱客”として営業マンにコントロールされるだけとくれぐれも気をつける必要がある。

<取材・文/日刊SPA!編集部>

【城戸輝哉氏】
建築・リノベーションプロデューサー、不動産コンサルタント。自身がCEOを務める「スマサガ不動産」が「営業マン不在・物件広告なし」という業界の常識を覆すスタイルを確立し、口コミとホームページのメッセージだけでクライアントが集まる住まい探しとリノベーションの専門家集団として大きな注目を集める。初の著書となる『不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ』が2月2日発売。

不動産業界の人だけが知っている新築マンションは買わないほうがいいワケ

あなたの「住まい探しに関する常識」は間違いかもしれません。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中