20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」

 昨年、0.01mmのコンドームをオカモト株式会社が販売を開始し、一部で話題となった。

 実は、男性がどんなコンドームを使っているのか、チェックしている女性も少なくないという。使用コンドームによって男性の評価が変わるとすれば、彼女たちの嗜好を知っておいて損はない。無類のセックス好きの20代OL3人に、男性が選ぶべきコンドームを聞いてみた。

ラブホのあまりもの、海外のおもしろコンドームはNG


サエコ(仮名・28歳・看護師):前付き合ってた人に、「今日のコンドームどうだった?」って聞かれたことあるんだよね。表面がつぶつぶしているやつを使ってたみたいなんだけど、全然気付かなくて。それを言ったら「おまえのアソコ、緩んで感度鈍ってるんじゃないの?」って言われて、めっちゃムカついた。

20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」

サエコ(28歳・仮名)

ミホ(仮名・24歳・事務):表面のつぶつぶは入ってるときわかるけど、別に気持ちいいってわけじゃないんだよね。コンドームの形状にこだわるなら、テクニックを磨いて欲しい。

サエコ:形状だけじゃなくて、色とか匂いを売りにしてるのもちょっとイヤ。そういうのって、大抵輸入品じゃん? 日本の検査を通ってなさそうなやつもあるから、破れそうで怖い。

ハルナ(仮名・25歳・営業):まあ、薬局で売ってる普通のやつを無難に選んでほしいよね。この間エッチした男が、自宅なのに明らかにラブホの備え付けのコンドーム使ってて、超どん引きした。コンドームくらい買えよ!

20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」

ハルナ(25歳・仮名)

ミホ:そういう男、たまにいる! ラブホで1個使って、あまったヤツ持って帰る男。わたしも使わなかった入浴剤持って帰るから、わからなくはないんだけど…。

定番・シンプルが一番。厚みやサイズがバレたくなければ、袋はそっとゴミ箱へ


 続いて、実際に使用しているコンドームの名前を挙げてもらい、使っているものによって変わる男性の印象について聞いてみた。

ミホ:「グラマラスバタフライ」(ジェクス)のシリーズが好き。かわいくない? 一緒に選ぶ時は絶対あれにする。

20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」

ミホ(24歳・仮名)

サエコ:女子の部屋にあるぶんにはいいけど、アレを男が持ってるのは微妙。合コンで出会った男の家にグラマラスバタフライがあると、「こいつ絶対彼女いるな」とか「彼女と別れたばっかりだな」とか考えちゃう。

ハルナ:やっぱり男が持ってるならオカモトかサガミの「002」が一番シンプルじゃない? オカモトの「001」使ってる人は正直、こだわり過ぎてる感じがする。

ミホ:わかる! 厚さは結構見るよね。元カレがすごく早漏で、サガミの「009」使ってたのね。それを本人は気にしてて、無理して普通のものをつけてた時期があったんだけど、すぐイっちゃうから「009」に戻してもらった。

20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」ハルナ:0.09mmって初めて聞いた! 私、この間のエッチした人がオカモトの「003」だったんだけど、それでも「ちょっとこの人早漏なのかな?」って思ったのに。

サエコ:0.03mm選ぶあたり、早漏なのは自分でわかってるけど、それ以上厚いのはプライド的に買えないって感じがする。ハルナがエッチしたその人は長持ちしたの?

ハルナ:2分でイっちゃった。次からは素直にサガミの「009」買って欲しい。コンドームの厚さとかサイズを気にするなら、袋をすぐにゴミ箱に入れればいいじゃんね。その辺に捨てるから見ちゃうわけ。

サエコ:つけてる最中にわざわざガン見してるわけじゃないもんね。あとは、サガミのコーヒーフレッシュみたいなデザインのが好き。あれはポーチに入れといても破れなさそう。

ミホ:あれは表裏がわかるから、つけてあげやすいのがいい!

 コンドームは変にこだわらず、定番を買うのが一番のようだ。早漏や短小なのが気になる場合は、自分に合うコンドームを選ぶことが第一優先。どんなコンドームを使っているのか知られたくない場合は、あらかじめ外箱からは出し、パッケージはすぐにゴミ箱に捨てるべきだ。

ベスト・オブ・コンドームは定番+α


 最後に、3人それぞれのベスト・オブ・コンドームを選んでもらった。

20代OLのコンドーム座談会「色・ニオイつきは逆にイヤ」サエコ:「サガミ0.02」。シンプルが一番。

ミホ:「つぶつぶジュリー」(オカモト)。つぶつぶはともかく、パッケージがかわいい。でも男が買うなら「002」が無難かも。

ハルナ:柔らかい素材で、挿入した時の違和感があんまり無いのが好き。「SKYN」(不二ラテックス)がおすすめ。ゴムありだとあんまりイケない今の彼氏も気に入ってる。

 コンドームにも色々種類があるが、自分のチョイスがどう思われているかを一度考えてみると面白いかもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

グラマラスバタフライ

ジェクスからテイーンのためのコンドーム誕生!!ぬくもりあふれる快感

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中