スポーツジムで煙たがれる“教えたがり系の客”とは?

価格競争や新サービスの誕生で接客業が進化するなか、あなたも気づかぬうちに迷惑客になっているかも……? [好かれる客/嫌われる客]を探るべく、プロの本音に迫った

【スポーツジムで好かれる客/嫌われる客】
◯ 元ヤンキーの客
× ストイックな客


 ジムといってもいろいろあるが、まずは格闘技系。経営者に話を聞くと、なんと好かれる客第1位はジムに来ないのに毎月カネを落としてくれる幽霊会員。続いて第2位は血気盛んな元ヤンキーだとか。

店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客]

(画像はイメージです)

「ケンカ自慢で乗り込んできて、ひ弱そうなサラリーマンに練習で負けると、心が折れて来なくなる。強い=偉いの縦社会に生きてきたから、居着くヤツは案外マナーもしっかりしてるし、仲間思いで協調性はあるんだよね」

 幽霊会員になるケースが多いことから、元ヤンキーは実質1位といえよう。逆に嫌われるのは、練習の虫なんだとか。

「プロ志望ならばまだしも、一般生徒が多い格闘技ジムで自分の強さだけを追求されても困る。この手のヤツは、他人に対抗して熱くなって、練習でほかの生徒を怪我させたりするんだよね」

 こういった経験者のなかには、長年使い古した“マイ道着”の臭いを注意される人もいるという。

「技の知識が豊富すぎて、人に技術を教えたがるヤツも迷惑。コッチは基礎から教えてんだ!と」

 この教えたがり系は、運動不足解消のための一般的なスポーツジムでも煙たがられる傾向にある。

「長年鍛えているようなビルダー系が、勝手に『そのやり方じゃ筋肉つかねぇよ!』と声を掛けて指導する。経営者的には、あんまりつらい筋トレでイヤになってやめられると困るし、なかには『パーソナルトレーナーやります!』と儲けようとしたりするヤツもいる」

 ジムでは他人ではなく、あくまで己と戦う客が好まれるのだ。

― 店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客] ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中