「ふるさと納税」こそ会社員にできる最大の節税方法

マイナンバー時代やらなきゃ損! 税に対する意識が否応なく高まる今、節税の裏ワザのランキングを独自に作成。圧倒的な1位が「ふるさと納税」となった。サラリーマンでもできる節税方法をしよう

ふるさと納税こそ会社員にできる最大の節税方法だ!

ふるさと納税こそ会社員にできる最大の節税方法だ!


「サラリーマンにとって、今もっともオススメな節税が、ふるさと納税です」と力説するのは、ふるさと納税の達人として知られる金森重樹氏。

 ここ数年、脚光を浴び続けているふるさと納税だが、「寄付をすると特産品がもらえるお得な制度」という印象が強い。ところが、実際にやっているかというと、「何だかよくわからない」「面倒くさそう」と、まだ及び腰の人も多いはず。

「簡単に説明すると、ふるさと納税で好きな自治体に寄付すれば、寄付した金額から自己負担金2000円を引いた金額が、所得税と住民税から還付・控除されます。そして、寄付のお礼として、自治体から魅力的な特産品がもらえるのです。寄付できる金額は年収や家族構成などによって異なりますが、昨年から寄付できる上限金額が約2倍に拡大され、より多くの金額が寄付できるようになり、ますますお得な制度になっています」

⇒【資料】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046439

ふるさと納税の“上限金額”の目安一覧表

給与収入のみで、医療費控除や住宅ローン控除などを受けていない場合を想定。各種控除を受けていると、その分、目安額は低くなる可能性がある。「夫(妻は専業主婦)」は、寄付者の配偶者に収入がない(寄付者本人が配偶者控除を受けている)、「夫(妻は共働き)」は寄付者本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていないと仮定

 例えば自分の年収が700万円で、妻が専業主婦、子供は中学生以下という夫がふるさと納税をしたとしよう。上の表から、およそ10万8000円が寄付できる上限金額の目安となり、10万円分ふるさと納税をすると、4万~6万円分相当の返礼品がもらえる。同時に、所得税と住民税の還付・控除で税金が9万8000円安くなるのだ。つまり、たった2000円で4万~6万円分相当の返礼品がもらえるというわけだ。

新鮮な肉・野菜、お米などの特産品がお得に手に入る


●つくば山麓厳選ふくまる 19kg(27年新米)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046415

つくば山麓厳選ふくまる 19kg(27年新米)「1万円で19㎏はお得。コシヒカリより粒が大きく、しっかりとした食感が特徴です」

●弓豚しゃぶしゃぶセット 2.1kg

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046416

弓豚しゃぶしゃぶセット 2.1kg「薄くスライスした3種類のしゃぶしゃぶ。家族が気に入っているので何回も頼んでいます」

●八百屋厳選旬の野菜セット

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1046417

八百屋厳選旬の野菜セット「旬の野菜を送ってもらえます。実用的なので毎年何回も頼んでいます」

― [節税の裏ワザ](秘)ランキング ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中