無くならない食品業界の不正「原因は消費者にもある」

「ココイチ廃棄カツ」は氷山の一角! 世間を賑わせた産廃業者ダイコー、製麺業者みのりフーズを主役とした食品廃棄物横流し事件。しかし、業界関係者への取材では、この件に対する驚きの声は聞こえなかった……。

食品業界を変えたのは消費者!? 投資だと思い、食を見直せ!


食品業界の闇

※写真はイメージです

 食品業界が抱える深い闇は、今後も消えることはないのだろうか。「そもそも、この闇を作り出したのは我々だということを自覚するべきです」と忠告するのは、フードプロデューサーの南清貴氏だ。

「どんな会社でも経営者は、利益を生まなければいけないという宿命があります。だからといって、最初から消費者に粗悪なモノを食べさせて儲けようと考える経営者は少ない。ですが、今、消費者が食品業界に強く要求しているのは、とにかく安いモノ。そうなると企業側もニーズに応えるために、品質が劣っても安いモノを提供せざるをえない。近年、大手スーパーやコンビニなどが力を入れているプライベートブランドも、製造元に経費節減のしわ寄せがいっているだけ。その結果、偽装に手をそめたり、倒産に陥る会社は少なくないです」

 現在までに数多くの飲食店を見てきた南氏は、「個人店を経営することがより困難な時代になっています」と話す。

「飲食店には、調理の技術やオリジナリティに加えて、お金やスタッフや顧客の管理などさまざまな要素がある。さらに近年では、情報サイトにあるランキングで上位にならないと人気店になることが難しい。そこに対してのパフォーマンス力や資金力も必要で、その業務量をこなすのは個人店では難しく、結果的にチェーン店だけが継続しているのが今の構造ですよ」

次ページ「食を消費ではなく、自分への投資」

じつは怖い外食

「じつは怖い外食」に迫り、私たちが外食で食べているものの正体を知ってより賢い選択をするための25の話を紹介します。

じつは危ない野菜

ヘルシーなイメージの「日本の野菜」をめぐる危機的状況に警鐘を鳴らす。

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中