美人すぎる女装子 「よく逆ナン(?)してます☆」 写真集発売記念インタビュー

「女装子(じょそこ)」とは、女装をした男性の呼称である。「ニューハーフ」や「おかま」と区別し、女装者自身が名乗ることも多く、近年では「女装娘(じょそこ)」「男の娘(おとこのこ)」と、「娘」を用いてより可愛らしく表記されることも。2次元キャラでは、萌え要素の一つとして定着し、2010年にはオトコの娘専門誌『わぁい!』(一迅社)、『おと☆娘(おとにゃん)』(ミリオン出版)などが創刊され、現在も定期発行されている。

miliah

【Miliahちゃん】21歳・バイセクシャル・本業は株トレーダー

そして、3次元の「女装子」もその勢いを増している。2012年12月9日には6人の女装子さんが登場する写真集『Trap~オトコの娘の罠~』が発売される。見本誌を紹介され「かわいいかも!」と、新境地を垣間見た筆者は「リアル女装子に萌えるのか?」を試してみたくなり、インタビューを敢行した。

インタビューに答えてくれたのは、写真集で表紙を飾っているMiliahちゃん。表紙を飾るだけあり、ベテラン女装子と思いきや、なんと女装歴は半年だという。グラスを両手で持ち上目遣いで話す仕草にドキドキしつつ、女装ライフについて詳しく話を聞いた。

⇒ 写真集の一部、スナップ画像を公開中
http://nikkan-spa.jp/104794/miliah_11

* * *

―― 女装を始めたキッカケは?

Miliah:当時付き合っていた彼氏がノンケ寄りのバイセクシャルだったので、かわいい女のコの姿のほうが喜ぶかなと思ったのがキッカケです。実際に初めて女装したのは、桜塚やっくんのPVにエキストラ参加して女装したとき。プロのメイクさんにキレイにしてもらった自分の姿を見たら、「これはイケるかも」と確信しました。その日、初めて女装子さんと出会ってちやほやされたのも楽しかったです。そこでできた女装友達と遊ぶようになって、イベントに行っているうちにハマっていきました。

―― 彼氏や友達の反応は?

Miliah:彼氏からの対応は変わりましたね。男の格好をしていたときはがさつな扱いをされていたのですが、女装したら大切に扱われるようになりました(笑)。「今、変なヤツがお前のこと見てたから気をつけろ」とか、嬉しかったですね。友達からも特にショックなことは言われていません。最近はハマりすぎて、胸だけでも入れようかなって思ったんですけど、友達に「本当に女のコになりたいわけでなければやめたほうがいい」と言われました。

―― やっぱり体をいじるのは怖い?

miliah

指先や脚の動きまで女らしい

Miliah:いじるのはやっぱり大変だし、化粧でキレイになれるならいいかなって。それに、男と女、両方楽しめるものを、女だけにする必要はないじゃないですか。都合よく生きたいです。

―― 女装を始めてから楽しみは増えた?

Miliah:女のコに見られたいという願望が強くなってきちゃって、女装してナンパ待ちしてます。東京の地図を持って田舎から出てきたコのフリをして、「コマ劇ってどこですか?」と道を聞くついでに「お茶しませんか?」って逆ナンしたり。女のコになったほうが大胆になれますよね。男の人も、女のコから声をかけられたら嬉しいじゃないですか。それに、男が喜ぶツボは女よりも知ってますし(笑)。

―― Miliahちゃんの中では何か変化はあった?

Miliah:女装して初めてわかったのが、「女のコって面倒くさい(大変)」。女装してみると自分のガサツな部分がいっぱい見えてきて、思っていたより女っぽくないことに気づきました。自分の違う部分が色々とみえてきてので、男でいるときも気を使うようにしています。こういうことやったらオカマっぽく見えるから気をつけようとか。男と女、2つのモードで違うものが見えるのを活かして、女優気分で楽しんでます♪

―― Miliahちゃんにとって“女装”とは?

Milliah:私は恋愛するために女装しています。男の人が好きなので、男が好きな女のコを目指してがんばっています。それと、女装は初めて出会えた本気で好きなことです。芸能人のおっかけとか好きなことはいっぱいあったけど、今までで一番夢中になっています。

* * *

時々照れつつ、楽しそうに話すMiliahちゃんと話しているうちに、「全然アリ! むしろ普通にかわいいなぁ、もう!」と心の中で叫びつつインタビューを終えた。インタビュー後には、クリスマス気分のスナップ撮影も敢行。これがインタビュー以上に興奮したからこわい。かわいい女のコを撮影しているときよりも、明らかにテンションが上がっている自分がいたのだ。

「写真集発売をキッカケに女装娘として有名になりたい」と語っていた彼女の活躍を、見守っていきたい。と、まんまと『オトコの娘の罠』にハマった筆者であった。

【Miliah】プロフィール
平成2年3月12日生まれの21歳。
B型、バイセクシャル。本業は株トレーダー。
趣味は自分磨き、お菓子作り、ゲーム、韓流全般。

取材・文・撮影/林健太

Trap~オトコの娘の罠~

“「カワイイ」は女の特権じゃない!” に同意

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中