ビンス・マクマホンの近未来SF“1984”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第32回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第32回


 ビンス・マクマホンの全米マーケット進出プロジェクトをアメリカ各地のプロモーター、インサイダーは“1984”と呼んだ。

ビンス・マクマホンの近未来SF“1984”

“1985年のハルク・ホーガン”はスーパーヘビー級の体格だった。イエローのタイツ、イエローのブーツがトレードマークになるまえはライトブルー、ホワイトのタイツを身につけることもあった。(写真はアメリカのWWEオフィシャル・ブログラム表紙)

 イギリスの作家、ジョージ・オーウェルが1949年に発表した近未来SF小説『1984』は、全体主義の国家権力と徹底した管理システムによる絶対的支配の恐怖を描いた問題作だった。

 NWA、AWA、WWEのメジャー3団体の“不可侵条約”とその地理的バランスを不文律ととらえていたアメリカじゅうのローカル・プロモーターたちの目には、ビンス新体制によるテリトリー拡大計画が“破壊活動”に映った。

 父ビンス・マクマホン・シニアがビンス“ジュニア”のプランをどのくらいまで察知していたかはいまとなってはわからない。

 WWEの全米制圧作戦がスタートする1年まえにマクマホン・シニアはAWAのプロモーターだったウォーリー・カルボ、オレゴンのプロモーターのドン・オーエンら古くからの友人たちに電話をかけ「レスリング・ビジネスは大きく変わる。私たちはもう引退したほうがいい」と伝えたとされる。

 ビンスは、それまで通算5年10カ月にわたってニューヨーク・マットの主役をつとめてきたボブ・バックランドをあっさりと失脚させ、“新しい時代の顔”としてハルク・ホーガンを獲得した。

Aug1985 mag

アメリカでいちばん有名なスポーツ・セレブリティーとなったハルク・ホーガン。人気ロックシンガーのシンディ・ローパーも“1984体制”の重要な登場人物だった。(写真はアメリカの一般誌「USマガジン」1985年5月号の表紙)

 ニューヨーカーにとってホーガンはいわゆるニューカマーではなくて、“生誕の地”に帰ってきたスーパースターということになる。

 ホーガンがマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦のリングに初めて登場したのは1979年12月17日(テッド・デビアスにフォール勝ち)。テリー・ボウダー、スターリング・ゴールデンといったリングネームでフロリダ、アラバマ、テネシーなどの南部エリアをツアーしていた無名の新人を“発掘”し、ニューヨーク仕様の“ハルク・ホーガン”という新リングネームを与えたのはほかでもないビンス・シニアだった。

 ホーガンがヒール、アンドレ・ザ・ジャイアントがベビーフェースというシチュエーションで、のちの“レッスルマニア3”のメインイベントとなるシングルマッチが実現したこともあった(1980年8月9日=シェイ・スタジアム)。

 ホーガンはWWEのブッキングで新日本プロレスに“輸出”され、1980年春から1983年までの約4年間は年間15週間を日本のリングで過ごした。また、映画『ロッキー3』(1982年)でシルベスター・スタローンと共演し、プロレスではないステージで世界的な知名度を手に入れたことも“ホーガン時代”の到来を予感させた。

 ビンスとホーガンが東京のホテルで専属契約書にサインを交わす6カ月まえ、ホーガンはアントニオ猪木を“舌出し失神KO”で下し、IWGPのチャンピオンベルトを腰に巻いた(1983年6月2日=蔵前国技館)。新日本プロレスを舞台とした長編ドラマは、そのあとにつづくWWEでのサクセス・ストーリーのプロローグになっていた。

 ブルーノ・サンマルチノのわかりやすい強さと“スーパースター”ビリー・グラハムのビジュアルをうまくミックスし、さらにたぐいまれなタレント性を兼ね備えたホーガンのキャラクターは、バックランドに拒絶反応を示しはじめていたニューヨーカーが待ち望んでいた新しいヒーロー像だった。

 その日、ガーデンに集まった2万6292人の大観衆は、タイトルマッチそのものよりも試合終了のゴングが打ち鳴らされる瞬間だけを待っていた(1984年1月23日)。

 “アヤトラ”フレッド・ブラッシーをマネジャーにつけたWWE世界ヘビー級王者アイアン・シークは、マイクをつかみ「USAサックス」と叫んだ。ホーガンの十八番レッグドロップが決まり、レフェリーがキャンバスを3回たたいた。ホーガンは観客席に向かってチャンピオンベルトを誇示した。これが“1984”の幕開けだった――。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中