ホーガンとミスターTの急接近――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第36回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第36回


 人気ロック・シンガー、シンディ・ローパーをフィーチャーしたMTVのプロレス特番“ブロール・トゥー・セトル・イット・オール”(1984年7月23日放映)の主人公は、ローパーでもローパーの“友だち役”を演じたウエンディ・リヒターでもなく、じつはハルク・ホーガンだった。

ホーガンとミスターTの急接近

WWEとMTVが共同プロデュースした特番にミスターTが登場。予想どおりロディ・パイパーと大乱闘を演じた。これが“レッスルマニア”第1回大会のプロローグだった。(写真はWWEオフィシャル・マガジン表紙)

 MTVにチャンネルを合わせた視聴者は、ローパーとプロレスのコラボレーションというちょっと変わった番組を観ながら、じっさいはホーガンの“プロモーション映像”をたっぷりと目にすることになった。

 プロレスファンではない一般視聴者にとって、ホーガンは映画『ロッキー3』でシルベスター・スタローンと闘った“あの金髪のプロレスラー”だった。

 MTV特番は、ケーブルTVとしては驚異的な9パーセント強の視聴率をはじき出した。特番から2カ月後、ホーガンはローパーといっしょにゲストVJとしてMTVにレギュラー番組にも出演した。番組のなかでホーガンは“ハルカマニアHulkamania”というキャッチフレーズを連発し、これがひとつの流行語になった。

 MTVとの“蜜月”は、ひじょうに短期間のうちにWWEをアメリカでいちばん新しいポップ・カルチャーといったポジションに押しあげた。“ハルク・ホーガン”と“WWE”がトレンドを知るキーワードとしてありとあらゆるところで活字に化けはじめた。

 アメリカのマスメディアにとって、プロレスは戦後の1950年代前半の白黒テレビの時代に大ブームを迎え、それから数年後に“消えたスポーツ”ということになっていたから、にわかに動きだしたプロレス・ブームは不可解な社会現象だった。

 もちろん、マスメディアのこの認識は明らかに誤りで、プロレスというジャンルそのものはいちども消滅したことはない。1960年代と1970年代の20年間は、プロレスはローカル・ベースの人気スポーツとしてちゃんと“生息”していたし、ローパーが驚いたように、ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦はブルーノ・サンマルチノの時代からずっと毎月2万人クラスの大観衆を動員してきた。

 ビンス・マクマホンは、アメリカ国内のケーブルTVの急速な普及にもっとも敏感に反応したTVプロデューサーのひとりだった。

 WWEはUSAネットワーク、TBSのふたつのチャンネルを使い、毎週15時間から20時間のプロレス番組をケーブルTVの有線に乗せ、これと同時に自社製作のシンディケーション番組をアメリカじゅうの独立系ローカル・テレビ局に配給していった。

 ケーブルTVのプログラミングでは通常、同じ番組を週に3回ほどリピート放送するため、毎日のようにどこかのチャンネルのどこかの時間帯でWWEのプロレス番組がテレビの画面を“占拠”していた。それはまさに“たれ流し”と表現していいほどの莫大な情報量だった。

 MTVは、WWEとの共同プロデュースで2本めのプロレス特番として“ザ・ウォー・トゥー・セトル・ザ・スコア”を企画した。

 ローパーにつづく新しい登場人物は、映画『ロッキー3』でスタローンの敵役を演じ、人気TVシリーズ『特攻野郎Aチーム』の主役をつとめるアクション映画俳優のミスターTだった。ミスターTは、もともとプロレスにひじょうに興味を持っていたという。

 MTV特番“ザ・ウォー・トゥ・セトル・ザ・スコア”のメインイベントは、ホーガン対ロディ・パイパーのシングルマッチ(1985年2月18日=マディソン・スクウェア・ガーデン)だった。ホーガンのセコンドにはパイパーと半年がかりの“因縁ドラマ”を演じるローパーがついた。

 場外乱闘シーンでパイパーがローパーに襲いかかった瞬間、リングサイド席からミスターTが飛び出してきてローパーを救出した。予想どおり、ミスターTの“乱入シーン”にマスメディアが飛びついた。番組の視聴率は、前回をしのぐ9.1パーセントをスコア。これが“レッスルマニア”誕生のプロローグだった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中