プロレス・ブーム“ハルカマニア”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第37回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第37回


 キーワードは“ハルカマニアHulkamania=ハルク狂時代”である。だれがそれをいいはじめたのかというと、ハルク・ホーガン自身だった。

プロレス・ブーム“ハルカマニア”

キーワードは“ハルカマニア=ハルク狂時代”。すっかり時の人となったホーガンは、毎晩のようにネットワークTVのトーク番組にゲスト出演。(写真は米スポーツ誌「スポーツ・イラストレーテッド」1985年4月29日号表紙)

 定番のフレーズは「ハルカマニア・イズ・ランニング・ワイルド Hulkamania is running wild」。無理やり和訳するとしたら「ハルク狂が大暴走だぜ」といったニュアンスになるのだろう。

 MTV特番の第2弾“ザ・ウォー・トゥー・セトル・ザ・スコア”(1985年2月18日放映=マディソン・スクウェア・ガーデン)は、ケーブルTVにおけるプロレス番組の新記録となる9.1パーセントという驚異的な高視聴率をはじき出した。この記録は同番組放映から30年以上が経過した現在でもまだ破られていない。

 シンディ・ローパーと並ぶもうひとりのゲスト・セレブリティーとして、MTV特番にはアクション映画俳優のミスターTが登場した。女性ロック・シンガーのローパーとミスターTの“使い勝手”のちがいは、ミスターTがプロレスラーに変身できそうなヘビー級のアスリートだったことだ。

 このMTV特番から3日後、こんどはネットワークTV(地上波)のABCが人気番組“20/20”で“プロレスの秘密が今夜明かされる”という特集をオンエアした。

 番組の内容は、元プロレスラーのエディ・マンスフィールドという人物がゲストとして登場し、テレビカメラのまえでカミソリの刃で自分の額を切るといったものだった。

 同番組のリポーター、ジョン・スタッセルがガーデンのバックステージで選手にコメントを求め、デビッド・シュルツがこのリポーターを殴打するという“想定外のシーン”も映像に収められていた。

 プロレス・ブームが社会現象として大きなうねりを起こしていたことを証明するひとつの“テレビ的分析”ということになるのだろう。

 ひじょうにパラドックス的ではあるが、アメリカでは「プロレスはスポーツかショーか」という議論は1980年代前半にすでに終わっていた。マスメディアのインタビュー取材を受けるたびに、ビンス・マクマホンはプロレスとプロレス・ブームを「アメリカそのもの。アメリカーナです」と定義した。“スポーツ・エンターテインメント”という単語が活字になりはじめたのもこのころだった。

 すっかり“時の人”となったホーガンは、“ジョニー・カースン・ショー”“デビッド・レターマン・ショー”“サタデーナイト・ライブ”といったネットワークTVの人気番組に毎晩のようにゲスト出演し「ハルカマニアだ、レッスルマニアだ」を連呼した。

 “レッスルマニア”の記念すべき第1回大会(1985年3月31日=マディソン・スクウェア・ガーデン)の目玉企画は、いうまでもなくホーガンとミスターTのタッグチーム結成。“レッスルマニア”というイベント名は、“ハルカマニア”から派生した造語だった。

 ビンスは“レッスルマニア”のクローズド・サーキット上映用のロケーションとして全米200都市の映画館、劇場をブッキングした。いまから30年まえはインターネット上の動画配信サービスどころかケーブル回線によるPPV(ペイ・パー・ビュー=契約式有料放映)というテクノロジーさえまだ実用化されていなかった。

 アメリカでもっともポピュラーなスポーツ雑誌“スポーツ・イラストレーテッド”(1985年4月29日号)がWWEを密着取材し、カラーグラビア20ページを使ってプロレス・ブームの特集記事を組んだ。もちろん、表紙はホーガンだった。

 “レッスルマニア”のメインイベントは、ホーガン&ミスターT対ロディ・パイパー&ポール・オーンドーフのタッグマッチに正式決定した。ミスターTはプロレスの試合をすることに不安を感じ、大会開催の数日まえになってビンスに出場辞退を申し入れた。

 ビンスは「ホーガンにまかせておけば大丈夫」と返答したという。“史上最大のショー”がいよいよはじまろうとしていた。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

この特集の記事一覧

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中