マッチョマン&エリザベス出現!――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第41回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第41回


 “マッチョマン”ランディ・サベージがビンス・マクマホンと初めて契約交渉のミーティグをおこなったのは、“レッスルマニア”第1回大会から約2カ月後、1985年6月17日のことだった。ビンス・マクマホンは、サベージに“聖書”くらいの厚さの契約書を提示し、WWEのメインイベンターのポジションを約束した。

Savege and Elizabeth wwf program

ホーガン、ロディ・パイパーらよりもやや遅れてWWEと専属契約を交わした“マッチョマン”ランディ・サベージ。エリザベスはDIVAというコンセプトがまだ存在しなかった時代の元祖DIVAなのだ。(写真はWWEオフィシャル・プログラムの表紙)

 サベージはこのときすでにキャリア11年、32歳の“無名のベテラン”だった。1952年11月15日、フロリダ州サラソタ出身(資料によってはイリノイ州ダウナーグローブ出身)。本名ランディ・ポッフォ。少年時代からベースボールに熱中し、ハイスクールを卒業と同時にシンシナティ・レッズとマイナー契約を交わし、キャッチャーとしてレッズ、カージナルス、ホワイトソックスの2Aに通算5シーズン在籍後、1974年に父アンジェロ・ポッフォのコーチを受けプロレスに転向した。

 デトロイト、ジョージア、フロリダをサーキット後、1978年に父アンジェロが設立したインディペンデント団体ICW(インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング=ケンタッキー州レキシントン)に合流。サベージ=野獣というリングネームはルーキー時代にオレイ・アンダーソンがつけてくれた“あだ名”で、“マッチョマン”は母親が定期購読していた『リーダース・ダイジェスト』誌に載っていた“流行語リスト”から拝借したものだった。

 父アンジェロは1940年代後半から1970年代後半まで30年以上にわたり現役として活躍した息の長いレスラーで、全盛期には伝説のTVショー“レスリング・フロム・マリゴールド”(ドゥモン・ネットワーク=シカゴ)にレギュラー出演。腹筋運動の世界記録保持者としてギネスブックに登場した人物としても知られている。

 “アンチNWA”をスローガンに反体制団体をプロデュースしたため、1970年代以降は全米のNWA加盟団体=カルテルを敵にまわした。サベージほどのレスラーがデビューから約10年間、南部のインディー・シーンに埋もれていたのはそういった政治的背景があった。

 ICW崩壊後、サベージは1983年にライバル団体のテネシーCWA(ジェリー・ジャレット派)に移籍。ジェリー“ザ・キング”ローラーとの因縁ドラマがテネシーの名物カードとなり、この試合のビデオがビンスの目にとまった。

 ビンスとミーティングをおこなってから4日後、サベージはニューヨーク・ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンのリングに立っていた(1985年6月21日)。同大会のメインイベントはハルク・ホーガン対ドン“マグニフィセント”ムラコの金網マッチ。サベージは全9試合中、第5試合というポジションでリック・マグロー(故人)と対戦した。

 “マッチョマン”とは、強さやたくましさや大胆さを誇示したがる男性を表すスペイン語オリジンの形容詞である。ビンスは、ともすると男尊女卑的なイメージを連想させるこのニックネームをおもしろがった。“マッチョマン”にいちばん必要なものは、そのマッチョな心をコントロールする美しい女性の存在。それはひじょうに古典的な“美女と野獣”のコンセプトだった。

 サベージとその妻エリザベスは1984年12月にすでに結婚していたが、テレビの画面のなかではその事実は“削除”された。TVマッチのデビュー戦ではサベージがボビー・ヒーナン、ミスター・フジ、ジミー・ハートといった悪党マネジャーからの“契約オファー”を断り、新顔のエリザベスを専属マネジャーに指名するという長編ドラマの予告編のような演出が用意された。

 それまでのヒール系の女性マネジャーとエリザベスの決定的なちがいは、エリザベスが台詞をいっさいしゃべらない“女優”としてそこに立っていたことだった。

 サベージに寄り添うエリザベスは清純で品がよく、どこかはかなげなイメージだった。DIVAというコンセプトがまだ存在しなかった時代の元祖DIVAは、こうして誕生したのだった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

20_nikkan40_nikkan

この特集の記事一覧

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中