オバマやデヴィッド・ボウイもお気に入りの天才黒人ラッパー、ケンドリック・ラマー。グラミー賞も有力!

 オバマ大統領は昨年末、アメリカの雑誌『ピープル』のインタビューで、2015年のフェイヴァリット・ソングは「ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト」であると答えた。現在のヒップホップ・シーンにおいてカニエ・ウェストに次ぐ重要人物であるといっていい、黒人歌手ケンドリック・ラマー。彼の作品であり、各国主要音楽メディアの多くが2015年のベスト・アルバムとして挙げた『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』収録曲である。

グラミー賞有力!アメリカの人種問題を歌う天才黒人ラッパー、ケンドリック・ラマー・【アーティスト紹介】ヒップホップ界の新星ケンドリック・ラマー
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/lamar.html
・【アルバム紹介】To Pimp a Butterfly/ケンドリック・ラマー
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/nomination_02.html#list2

 では、その「ハウ・マッチ・ア・ダラー・コスト」はどんな内容の曲なのか。内容的には、お金を恵んでほしいとホームレスにお願いされるも、きっとろくでもないことに使ってしまうだろうからと無視してしまうというもの。素通りするのはラマー自身。つまり、富と名声を手にした現在の彼が、貧困や偏見とどう向き合うべきなのかをあらためて自身に問いかけた作品なのだ。

 ひょっとしたら、オバマ大統領はその冷静さを評価したのかもしれない。この曲は、黒人ゆえの怒りや嘆き、もしくは成功者としての喜びのどちらか一方を紡ぐ物語にはなっていない。そもそもラマーは、アフリカン・アメリカンの暗い歴史と現実から目を逸らすことなく、根深い差別問題をなんとか打破しようとしている。ただ感情的になっていたらできないことだ。

デヴィッド・ボウイもお気に入りの逸材


 それからもうひとり、今年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイ。遺作となってしまったアルバム『★ (ブラックスター)』制作時、ボウイはラマーの作品をよく聴いていたという。それはおそらく、つねに希望を見出そうとしているひとりの人間としての強さと、ジャズやファンクといった異なるジャンルを大胆に採り入れることでフレッシュなヒップホップを生み出したひとりのアーティストとしての柔軟性に刺激を受けていたからではないかと思われる。

・追悼パフォーマンス決定!レディー・ガガ「毎朝『ボウイならどうするかしら?』って思ってた」
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/news_029.html

 そう、今年の「グラミー賞」でもっとも注目されているのは、そのような人物なのだ。ラマーは『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』の年間最優秀アルバムなど、9部門で計11ノミネートされている。いうまでもなく今回の最多で、さらにいうと、1983年にマイケル・ジャクソンが12部門で計12ノミネートされて以来の数というのだから歴史的快挙である。

 はたして、ラマーはいくつのグラモフォン(受賞者に与えられる蓄音機をかたどったトロフィー)を手にすることができるだろうか。ちなみに1983年のマイケルは8部門受賞で、この数は2000年のサンタナと並び、一度の授賞式における最多受賞記録となっている。

受賞した場合、スピーチは毒舌ラップ?


 しかし、である。最大の関心事は受賞した際のラマーのスピーチだと思うのだ。年間最優秀楽曲や最優秀ラップ・パフォーマンスなどでノミネートされた「オールライト」で歌ったように、シリアスでハードな日常を強いられている黒人たちに向けて希望の提示をするかもしれない。

 いや、黒人だけでなく、なんらかの問題を抱え、それと向き合っている人たちすべてに共通する激励の言葉を発するかもしれない。なんにせよ、お決まりの喜びと感謝の言葉だけを発してステージの袖に向かうとはとても思えないのだ。ラマーは闘うラッパーだからである。

●一夜限りの夢の共演 第58回グラミー賞授賞式パフォーマンスアーティスト一覧
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/news_performer58.html

●B’z・松本孝弘(第53回「最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム」受賞)現地ロサンゼルスのスタジオに生出演決定!
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/news_031.html

★第58回グラミー賞授賞式 HP
http://www.wowow.co.jp/music/grammy/

★「生中継!第58回グラミー賞授賞式」 ※生中継同時通訳
2015年2月16日(火)午前 9:00生中継![WOWOWプライム]

<文/ナノ・アソシーエション>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中