星野リゾート代表が明かす“星野流の経営哲学” 「総支配人でも役職で呼ぶのは禁止です」

 北海道勇払郡のリゾートホテル・トマムの「雲海テラス」や、青森県・青森屋の「みちのく祭りや」など、独自の趣向を取り入れ、数々のリゾート施設の運営事業を成功させてきた星野リゾート代表・星野佳路氏。今回、昨年10月にオープンしたばかりで、特徴的な形をしたキャビン(客室)が印象的な日本初となるグランピングリゾート「星のや富士」にて取材・撮影を実施。「星野リゾートブランド」を確立させた経営方針に迫る。

星野佳路(星野リゾート代表)――最近、星野リゾートの名前を耳にする機会がすごく増えていると思います。なぜ、こんなに注目されるようになったのでしょうか?

星野:基本的に私たちが行っていることは、現場で起こった“事件”を解決しているだけなのです。例えば、私たちが手掛けた北海道の大型スキー場トマムの「雲海テラス」は、ゴンドラの整備スタッフが「夏の間、山頂まで上がると、毎日、雲海の素晴らしい景色を見られる。夏でもゴンドラを動かして、この景色をお客さまに見せたい」と言い出したのが、きっかけでした。今実践している企画の多くは現場スタッフから声が上がり、“事件”が起き、それを解決していった結果のものばかりなのです。

――ただの現場の声として流されてしまいそうな意見が、星野リゾートでは“事件”になる、と。

星野:基本的にホテルで働く人間は「お客さまに喜んでほしい」という気持ちを持っているから、「もっとこうしたらいい」という声があるのです。ところが、「予算がない」とか「自分の権限では決められない」とか「それは私の担当じゃない」というような現場の障害がある。そこで肝心なのが「フラットな人間関係」です。お客さまに喜んでもらいたいと思う気持ちがあるのに、障害があって行動に移すことができない。その障害を取り払うのが私たちの仕事です。もちろん、人間関係をフラット化することにより、言いたいことをみんなが言い出すので、波風は立つし、“事件”も起きます。でも、この波風を弊害とは捉えずに良しとするのが星野リゾートの特徴だと思います。

――どんなにフラット化を目指したとしても、役職の違いや入社年度の違いなどで、どうしても社員間の差は生まれてしまいそうですが。

星野:現場で接客をするスタッフと総支配人だったら総支配人のほうが偉く見えますが、別に偉いわけじゃなく、単に「何かを決める権限」を持っているだけ。その決定や判断の前にディスカッションタイムをつくり、問題意識を持っている人が発言できる環境をつくればいいのです。

――役職などの上下はほとんど存在しないということですね。

星野:はい。星野リゾートでは、総支配人のこともマネジャーも「○○さん」と呼ぶようにしています。役職名をつけるのは禁止です。

――それは星野代表も、ですか?

星野:私のことを「星野さん」と呼ぶ人もいます。ただ、ほかにも星野姓の人がいるので、「代表」と呼ばれることが多いのです。今新しい呼び名を考えているのですが(笑)。

※このインタビューは2/16発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです

<取材・文/藤村はるな 横山 薫(本誌) 撮影/寺川真嗣>

週刊SPA!2/23号(2/16発売)

表紙の人/ E-girls

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中