麻薬取締官や警察はどうやって捜査情報を集めているのか?職質の基準は?

あるときは市民の“オイタ”を見抜くため、またあるときは世相にブームを巻き起こしたりと、その道のプロたちが対象となるものを読み解く&トレンドを生み出すためのネタ元をリサーチした!

【麻薬取締官・警察官】
医療機関やSuicaの利用履歴まで徹底的に洗われる!


 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された、元プロ野球選手の清原和博容疑者。今回の逮捕劇は、清原容疑者宅の家庭ゴミ(一説によると体液が付着したもの)から覚醒剤の成分が検出されたことがきっかけとなり、警視庁が家宅捜索に乗り出したという流れだ。

清原和博公式ブログより

清原和博公式ブログより

 こうした薬物に関する捜査は、警視庁だけではなく厚生労働省でも行われており、麻薬取締官・通称マトリという職業が存在する。薬物事件は見抜くのが難しそうだが、どうやって情報を集めるのだろうか。元マトリA氏に聞いた。

「匿名のタレコミもありますが、逮捕された容疑者から情報が流れることがほとんどです。その内容は、密輸ルートの情報や、バイヤーの車種・車両ナンバー、売人の顔写真など。信憑性があるかどうかは調べてみないとわかりません」

 警視庁では2年ほど前から清原容疑者をマークしていたとのことだが、麻薬捜査には通常どのくらいの期間がかかるのだろう?

「ケース・バイ・ケースなので、何とも言えません。ただ、著名人だと社会に対する影響力が強いので、逮捕されると今回のように大きなニュースになりますが、薬物の個人使用であれば、使用量はたかが知れています。その人を捕まえるより、その先にいる売人、さらには密輸元を一掃することのほうが重要なんです。時間をかければかけるほど、情報はたくさん集まります。そのため、対象者を泳がすこともよくある話です」(A氏)

 ほかにも、不正な使用がないか、医療機関を定期的にチェックしたり、常習者は薬物の調達のためならわざわざ地方へ頻繁に行くことから、宿泊施設や交通機関の使用履歴も重要なネタ元となる。

麻薬取締官や警察官が捜査の“ネタ元”にする情報源とは? また、マトリは薬物事件に限って警察官と同じ権限が与えられており、そうした情報をもとに捜査を進める。

「マトリは張り込み、尾行なども行います。家宅捜索では、捜査官の一人がタンスの中を捜しながら、別の捜査官がその対象者の視線を盗み見ていることも。視線があちこちに動く人や異常に汗をかいている、大きな荷物を持っているなど、挙動不審な人には、声をかけることもありました。でも、職務質問するのは稀ですね」(同)

 職質といったら、成人男性なら一度はされたこともあるだろう。ちなみに警察官の場合、どういった人に職務質問するのだろうか? 

「スーツを着ているのに髪形がそぐわない、体の大きさや風体に合わない服装をしているなど、全体の雰囲気や荷物、服装、髪形、体形などを見て、アンバランスな人に声をかけます。また、警察官を見て表情を変えたり顔を隠したりする人も、何かあるのでは?と感じます。ピンポイントな犯罪でいうと、昼間の住宅街を私服で歩いている30~40代の男性は、空き巣の下見の可能性がある。あとは雨が降ると自転車を盗む人が増えるので、雨が降った後に自転車に乗っている人には職務質問することがあります」(警察関係者)

 マトリも警察官も、勘がものをいう職業。プロの観察力が、もっとも大きな情報元なのかも?

― プロが使う[(秘)ネタ元]教えます ―

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中