免許証の住所変更で逮捕!? 警察に脅かされるヤクザたちの日常生活

 暴力団対策法、暴力団排除条例が全国にあまねく敷かれ、ヤクザは減少の一途。しかしその「“法”囲網」は彼らの日常生活にも侵食し、生きる権利を脅かすほど過剰だとも。当事者のヤクザの声に耳を傾けてみた

当局の監視の目に晒され、免許証の住所変更でお縄


●田中清氏(仮名)…50歳、広域暴力団3次団体組長。数十人の組員を束ね、その人望も厚い

当局の監視の目に晒され、免許証の住所変更でお縄「どこで警察が目を光らせているかわからないから、立ち小便すらできない時代。昔は警察が組事務所に来るときは事前に連絡をくれていたのに、今は突然やって来るから日常生活すらもままならない状態だ。趣味や娯楽もしかり。組員など仲間ウチで開いていた賭け麻雀も、いつ警察が来るかわからないから自粛しているよ」

 幹部組員となると、当局との軋轢は末端組員の比ではない。警察は事務所や住居の家宅捜索を目論み、生活全般のあら探しをしてくると広域暴力団3次団体・田中清組長(仮名)はぼやく。

「つい最近の出来事で言えば免許証。住所変更した際、一般の人は免許証の更新時に住所変更の手続きもするでしょう。私も更新時に手続きすればいいと思っていたら、現住所と違うということで『免状不実記載』の罪で逮捕された」

 一般人なら黙認される些細なことでお縄に……。これが警視庁や県警に登録されている「指定暴力団幹部」の現状だ。住居は持ち家のためなんとか保障されているが、末端の組員を抱える“親の身”としては胸が痛いことも多いとか。

「みな貧乏で日々の生活で精いっぱい。大したカネを持っていないから、銀行口座を開けないという心配は無用だけど、とにかく部屋が借りられないから、事務所に住んだり、車中で寝泊まりしているヤツらもいる。ホームレスと変わらないよ。女の家に転がり込めばその女が『ヤクザを匿ったとして』パクられる。女の家に住民票を移してもダメ。もちろん住民票を移さなくても『住所変更を怠った』という免状不実記載でパクられる……」

 まさに八方塞がり。それでもヤクザという看板にしがみつくのには訳があるという。

「ヤクザになるヤツっていうのは結局、世間からのはみ出し者なんだ。若い頃から罪を犯したり、暴走族だったりと、要は不良なの。その延長線上にはヤクザという“履歴書がいらない社会”があった。昔は彼らを受け入れる社会があったけど、これからの不良は大変ですよ。結局、半グレみたいなヤツらがウジャウジャ出てきて、むちゃくちゃやるようになった」

 ヤクザという看板を背負いながら、社会の片隅で生きていくことはもはや不可能なのだろうか。

「飲食店や、土建屋でシノげているのはひと握り。工事現場ですら雇ってもらえない末端の組員は犯罪に走るしかないよね」

― ヤクザの主張「俺たちに人権はないのか」 ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中