現役ヤクザたちの嘆き「家も駐車場も借りられない。クルマはコンビニに停めている」

排除条例施行に暴対法の改正と、ここ数年ヤクザを取り巻く環境は一変。社会に背を向けられた現役極道たちの壮絶すぎる生活とは――

住居


最も声があがったのが住居問題 今回、取材したヤクザから最も声があがったのが住居問題であった。

「はっきり言ってヤクザは自分の名義で家を借りられない。今は家族や実の兄弟名義でもうるさくなっていて、ヤクザと言わずに黙って住めば逮捕される可能性もある。暴排条例が施行する前に借りたボロい部屋に今でも住んでいるヤクザも多くいる。引っ越したくても引っ越せないのが本音」(40代・3次団体組員)

 それに付随するのが駐車場だ。

「駐車場も住居同様に個人の名義で借りられないから、クルマを停めるスペースがない。仕方なくコンビニに停めているヤクザもいる」(30代・3次団体組員)

 そんな極道たちにとって唯一の安息地が組事務所である。若い衆となれば「部屋住み」として働く者もいるが、生活はカツカツだ。

「組によって違うが、部屋住みは5万~10万円が月の手当。雑用をやって堅気のバイト代と一緒だ」(40代・3次団体組員)

 しかし、本家の部屋住みとなれば懐に入るカネは段違いだ。

「本家の部屋住みになれば出世コースに乗ったことになる。手当だって月に20万円はもらえるし、それとは別に毎月10万円の貯金がされている。部屋住みは2年縛りで時がたてば卒業となる。だが、カネに溺れて卒業しないヤツも多い。かつてはお年玉として100万円ぐらいは普通にもらえたりして、何百万円と貯金ができた。自分の組の親分と兄弟分の親分がいればチップだけで10万円もくれたいい時代もあった」(同)

 かつて組がやっていけたのは“スポンサー”だったと語るのは60代の2次団体組員だ。

「親分衆が食べられたのはスポンサーがいたから。ヤクザは人気商売だから相撲部屋みたいなものだ。名が通ればそれだけスポンサーが集まってくるし、どの位置にいるかで人の集まりも違う。スポンサーが離れれば組も解散。今? 組を訪れてカネを出してくれるようなスポンサーなんていないよ」

「昔は良かった」。聞こえてくるのは往時の栄華ばかり。ヤクザは映画の中の世界になりにけり。

― ヤクザの主張「俺たちに人権はないのか」 ―

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中