日本でテロに狙われやすい場所はドコ?

 昨年11月にはパリ、そして今年1月にはジャカルタの市街地でテロが発生し、多くの一般人が巻き添えとなった。昨年1月に後藤健二氏、湯川遥菜氏がシリアで殺害された際には、明確に「すべての日本人が標的だ」と宣言され、イスラム国への恐怖は高まるばかり。

日本でのテロは可能性少?海外渡航時は情報がカギ

(画像はイメージです)

 果たして今後、日本人が彼らの標的となる可能性はいかほどなのか? 軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏に話を伺った。

「日本国内でイスラム国によるテロが起きる可能性はあまり高くない、というのが私の見解です。理由のひとつに挙げられるのは、昨今は『ホームグロウン・テロ』といって、現地在住で土地勘のあるイスラム国シンパがテロの実行犯となることが多いんです。しかし、日本では約10年前から公安がシラミ潰しに“過激派”の存在を調べていますが、まったく挙がっていないのが現状。イスラム教徒はいても、基本的にお金を稼ぎに来ているので宗教色が強くないんです。つまり、効果的にテロを起こすための“人”がいません」

 そもそも、彼らがメインターゲットと考えるのはイスラム国に対しての空爆や有志連合に軍事支援を行っている国々。「日本はそれほど“おいしい”ターゲットではない」というのが黒井氏の見解だ。

「彼らとしては、テロを起こすなら最大の敵である欧米諸国を狙って仲間内から注目されたい、評価されたいと思っているのが正直なところです。ただ、可能性が低いとはいえ、テロで狙われやすい場所は知っておくに越したことはないでしょう」

次ページテロで狙われやすい場所は…

イスラム国の正体

中東問題に詳しい軍事ジャーナリストが、狂気の残虐集団の真実の姿を伝える衝撃の一冊。

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中