海外旅行時、テロに巻き込まれないために「事前にやっておくべきこと」

 バス事故、自然災害、テロ、食生活……。思いがけない不慮の事故によって命を落とす日本人の数はなんと年間約4万人。予想だにしない人生終焉のリスクとどう向き合うべきか、各有識者への取材を基に紹介する。

【対テロ編】情報は銃より強し。危機察知力を高めよ!


 ヨーロッパ旅行ですら安全面が不安視され、航空チケットの値崩れが起きているこの時代。どうしても海外に行かなければならないときは、事前にすべきことがあるという。「海外邦人安全協会」の小島俊郎氏は次のように語る。

情報は銃より強し。危機察知力を高めよ!

(画像はイメージです)

「まず、海外に行く前に必ずやってほしいのは、外務省のネットサービス『たびレジ』に登録すること。目的地や滞在期間、旅券情報などを入力するだけで、安全に関する現地の最新情報をメールで受信できるようになっています」

 現地で何かがあった場合は緊急速報をいち早く入手できるため、たとえ1日の滞在でも事前に登録しない手はない。土地勘などのない場所でリスクを避けるためには「情報収集力」が不可欠なのだ。

「ホテルのテレビをつけっぱなしにして、常に生の報道をキャッチできる状態にしてほしいですね。そして、仮に爆発音や銃声が聞こえた場合、窓から顔を出すなどして確認しようとするのが日本人の危険な習性です。有事の際には『伏せる』『逃げる』『隠れる』が三大原則です。犯人を無用に刺激しないために、自分が発する光や音にも注意。劇場など、人が大勢集まる場所では最初から携帯電話の電源を切っておくと安心です。

また、ホテルに宿泊する際は、テロに巻き込まれるリスクが高い1階での滞在時間は極力減らすよう心がけるべきです。高層階はこうした地上でのリスクからは距離が取れますが、逆に避難しづらくなるという難点もあります。そんな点を鑑みた場合、6~9階に部屋を取るのがベターだと思います」

次ページ「5分でも国際情勢を毎日チェック」

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中