肉フェスの鶏肉やジビエ食材の「食中毒感染リスク」は、食品横流しや偽装事件より怖い

 ゴールデンウィーク中におこなわれた「肉フェス」での食中毒騒動や、廃棄予定のビーフカツをはじめ多数の食品が横流しされていた一連の報道で、食の安全を不安視するようになった消費者は多いはず。食品コンサルタントの山崎毅氏は、「横流しは過去の食品偽装事件と同様、モラルやルール面での問題はありますが、食における健康被害の面から考えると、リスクはあまり高くない」と話す。

食中毒で多いとされている包丁などの調理器具を介した別食材への細菌感染。なかでもカンピロバクター感染率の高い鶏肉は、要注意の食材だ

食中毒で多いとされている包丁などの調理器具を介した別食材への細菌感染。なかでもカンピロバクター感染率の高い鶏肉は、要注意の食材だ

「また、フグや毒キノコも危険ですが消費者にはそもそも身近な存在ではありません。むしろ、日常の食生活で考えるなら微生物や自然毒による食中毒のほうがよっぽど怖い。抵抗力の弱い高齢者や子供だけでなく、成人男性でも疲労などが溜まっていると重篤な症状を引き起こし、最悪亡くなるケースも毎年発生しています」

鶏肉の6~7割は食中毒細菌に汚染


 特に注意すべきは、主に鶏肉などを汚染するカンピロバクターを原因とした食中毒だという。

「スーパーなどで売られている鶏肉の6~7割は、同細菌が付着していると言われています。肉を切った包丁やまな板をそのまま、もしくは簡単に拭いた程度で野菜などの食材にも使ってしまうことで感染するケースが多いんです。もちろん、ほかの食中毒にも言えることですが面倒くさがらずに食材ごとに調理器具を熱湯消毒、もしくはしっかり洗えば、感染リスクを大幅に下げられます」

次ページジビエブームにも潜む危険

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中