加藤シゲアキの小説を読んで思う「アイドルは何でもできる」【樋口毅宏のサブカルコラム厳選集】

さらば雑司ヶ谷』『タモリ論』などのヒット作で知られ、最新刊『ドルフィン・ソングを救え!』も好調な小説家・樋口毅宏氏。そんな樋口氏がさまざまな媒体に寄稿してきたサブカルコラムを厳選収録した『さよなら小沢健二』が好評発売中。本書の発売を記念して傑作テキストを特別公開いたします!(当コラムは『週刊SPA!』(扶桑社)2013年5月28日・6月4日合併号に掲載されたものです)

 ようやく加藤シゲアキさんの処女作『ピンクとグレー』を読んだ。

 ジャニーズ事務所所属で、NEWSのメンバーである加藤さんが、以前から何度となく僕の本を好きだと公言しているのは耳に挟んでいて、数か月前だったか、日刊スポーツで彼の本棚が公開されたときも僕の本が写っていた。最近でも女性誌『SPUR』で「一番好きな作家は樋口毅宏さんです」と語ってくれていてありがたいと思っていた。

加藤シゲアキのデビュー作『ピンクとグレー』(角川文庫)。

加藤シゲアキのデビュー作『ピンクとグレー』(角川文庫)。行定勲監督により映画化され、全国順次公開中!

 そういうこともあって、ようやく去年の一月に上梓された『ピングレ』を読んだ。読み始めるまでは、「アイドルが書いた小説でしょ?」と、自分の中に驕りのようなものがあったことを素直に認めたい。しかし苛立ちと嫉妬に支配された感情を抑制と吐露の巧みなバランスで描いていて、序盤からぐいぐいと引き込まれてしまった。最近他に読んだ、世間では高尚とされるノンフィクションや大先生と呼ばれる作家の本よりずっと面白かった。マジで。

 偉そうに聞こえたら申し訳ないけど、瑕瑾はいくつか散見するものの、年齢と飲み物で章立てされたユニークな構成、萌え系要素、クライマックスの狂気と疾走感など、魅力的な部分が多いのでまったく問題にならなかった。特に、後半からは完全に一気読みだった。

 そもそも僕は「アイドルは何でもできる」と思っている。アイドルは極めて有能な「人種」だ。才能がある人でなければアイドルは務まらない。その認識を新たにしたのが、数年前に放送されたTBS『情熱大陸』だった。嵐の二宮和也が、以下のような旨のことを話していた。

「アイドルって凄いよな。空気読むの得意だし、みんなが何を欲しがっているかわかる」

「アイドルってバカにされるのが嬉しい」

 すげえよ。『ロッキング・オン・ジャパン』を読んでいてもこのレベルの発言が吐けるミュージシャンはいない。他にも、「アイドル=万能説」を実証できる人物や証言は、枚挙に暇がない。

 ONE OK ROCKのボーカルのTakaを見てほしい。シングル「完全感覚Dreamer」のMVを観たときは吹っ飛んだ。体のキレ、ロック所作など、腹の突き出たオヤジはまったく相手にならないと思った。Takaはジャニーズに在籍していたが『BUBKA』に喫煙写真が掲載したため、学校を退学に追いやられ、事務所をクビになってしまった。それでもホンモノは挫折があっても必ず再起する。

 僕が最も尊敬する演劇人、つかこうへいは人格攻撃も辞さないほど演技指導の厳しい人だったが、「まさかここまでやるとは……!」と感嘆させたのは稲垣吾郎だった。水道橋博士も’97年のブログで拍手喝采のテキストを記しているので、そちらもお目通しください。

 そして加藤シゲアキさんの『ピンクとグレー』に話を戻す。

 本として世に出すかぎり、編集者の指摘、校正のチェックは必ずある。もちろん彼の原稿も添削されて、直すべき箇所は修正されただろう。それでも断言できる。『ピンクとグレー』がどこかの文学賞に応募されていたら、最低でも最終選考には残っていたと。

 加藤シゲアキの幸運は彼の知名度のおかげでたくさんの人に読んでもらえること。不幸は彼がアイドルのため正当な評価を得ないこと。だけど、どうぞ世間のイメージを覆していってほしい。ビートルズだって世に出てきた当初はアイドル扱いだったんだから!

樋口毅宏の“愛”溢れるコラム集『さよなら小沢健二』(扶桑社)

樋口毅宏の“愛”溢れるコラム集『さよなら小沢健二』(扶桑社)は好評発売中!

樋口毅宏●‘71年、東京都生まれ。’09年に『さらば雑司ヶ谷』で作家デビュー。新刊『ドルフィン・ソングを救え!』(マガジンハウス)、サブカルコラム集『さよなら小沢健二』(扶桑社)が発売中。そのほか著書に『日本のセックス』『二十五の瞳』『愛される資格』など話題作多数。なかでも『タモリ論』は大ヒットに。

さよなら小沢健二

サブカルクソ野郎の人生全コラム


ピンクとグレー

ジャニーズ初の作家が、芸能界を舞台に描く二人の青年の狂おしいほどの愛と孤独。各界著名人も絶賛した青春小説の金字塔。


太陽がいっぱい

プロレス界を虚実綯い交ぜで描いた珠玉の八編!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中