美人プロ水上スキーヤー・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡

~もぎたて!女子アスリート最前線 第12回~

水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡

ひろさわ・さあや

 プロ水上スキーヤーとしてジャンプのアジア記録・51.2mを保持する廣澤沙綾選手。この世界に入るきっかけ、そしてその経緯を見ていこう

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1059317

 大学入学時に体育会系に入り「日本一になりたかった」と振り返る廣澤選手。他のメジャースポーツだと中学や高校からやってる選手が多いので勝つのが難しい。大学からスタートできるスポーツで勝負したいということで水上スキーを選択した。4歳からやっていた水泳を12歳で中途半端に辞めてしまったことをとても後悔していて、このことが頭によぎり、「大学4年間は絶対にやり遂げよう」という意気込みが強かったという。

 デビュー戦は「2003年10月 全日本学生大会新人戦。自信もあったので「私がいますから今後よろしく!」と、中心になりますという意味で派手にアピールし、いきなり学年別では1位に。日本記録を目標に練習に取り組んでいたが、意外にあっさりとクリアーできてしまい、4年間の大学生活を終えて求めていた達成感があまりなかったのと世界に挑戦するための環境があるということでアメリカ行きを決意した。

 生活してみると自分のコミュニケーション能力のなさに愕然とし、「自分てこんなに根暗なんだ」と自分の新たな一面をみることができ、言葉もわからず友達を作ることの難しさを知った。環境に馴れるのにはかなりの時間がかかった。海外で練習に取り組んでいたときに記録を追求すぎて自分らしさを失い伸び悩んだ。というのも自分に甘い部分があるので、あえて厳しい目標を立て追い込みすぎていた。そんな時、周りのトップ選手をみてみると彼らは競技を純粋に結果よりいかに自分の滑りができるかが大切ということ教えてくれ自分の軸を取り戻した。

水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡 2012年3月ワールドカップに招待選手として呼ばれて試合をするが、周りの空気に飲まれてしまった。というのも周りの選手の一部から「この選手がでるのはおかしい」という声が聞こえてきたからだ。その声に動揺してしまい結果を出せず悔しい思いをしたのだった。ジャンプで50mという距離をいつも目標にしていたのだが「2013年 4月21日 John Roach Memorial」で遂に51.2mという自分の目標をクリアしての優勝を果たした。

水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡「これでいつ辞めても後悔がない」と達成感で肩の荷が下りたような感じで楽になれた。今後は自分が出場できる大会では結果も出していきたいは当然なんですが、アジア圏での女子のレベルが低いので、自分が底上げできればと考えています。シンガポールやインドネシア、タイは政府からの援助金がでるようになってきてるので、そういった国でゆくゆくは後進の指導をしていければいいな」と語ってくれた。

水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡 水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡 水上のトビウオ・廣澤沙綾 50m超の大ジャンプを達成するまでの軌跡<取材・文・撮影/丸山剛史>

この特集の記事一覧

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中