「マナーの悪い犬の飼い主は大体ブス。偏見ですけど」愛犬家・掟ポルシェが語るペットブーム事情

「香ばしいペット・マウンティング現場」芸能界有数の愛犬家・掟ポルシェが語る

※写真はイメージです

 愛犬&愛猫家たちが“我が子”のかわいさで自慢バトルする「ペット・マウンティング」を繰り広げているという。飼い主側はこの現象をどうとらえているのか。芸能界有数の愛犬家・掟ポルシェ氏はこう語る。

「人間の子供と違って、ペットはずっと愛玩されるための存在でいてくれるので、飼い主も際限なく甘やかしがち。親バカが許される世界であり、マウンティングはそういう飼い主同士の愛情がぶつかり合った結果なのでしょう」

 そんな掟氏も、愛犬のために獣医とケンカした経験があるとか。

「生後数か月で下痢が続いて病院に行ったとき、どんな餌をあげているか聞かれたんです。その頃、カリカリ(ドライフード)の食いつきが悪くなったので、鶏のささ身を茹でて混ぜてあげていたら、獣医から『人間が食べるようなものを与えて甘やかすから病気になるんだ』『犬は人間と違って生存のために餌を食うのだから、うまいものを与えようと考えることはない』と怒られて。あまりに極論で腹が立ったので、『ペットは愛玩するために飼ってるんだから、犬が喜ぶことをしてあげたいという気持ちでなにが悪い!』と大ゲンカ。以来、犬のエサは手作りしています」

 ペットを飼っていない人からすれば「なにもそこまで」と思ってしまうが、飼い主にとってペットは動物ではなく人間と同じ。このくらいは当然だとか。

「ただ、ペットを人間と同じように扱いすぎて、マナーを守れなくなる飼い主もいますよね。例えば、犬で多いのがリードをつけずに散歩させるケース。『リードをつけるのはかわいそうだから』『ウチの子は利口だからリードなしでも歩ける』と言って、ノーリードで歩かせる人もいますが、こういうのは明らかに行きすぎですよ」

次ページ歪んだ愛情を注ぎすぎるのは要注意

説教番長・どなりつけハンター

掟ポルシェが悩める子羊ちゃんたちの性根に説教という名の冷水を鼻歌まじりにブッかける!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中