「線路にiPhoneが落ちたため遅れます」…愛すべき(?)会社員たちの遅刻理由

 徐々に気温も緩み、待っているのは過ごしやすい春の季節。だが、そこで注意しておきたいのが「寝坊」である。「春眠暁を覚えず」などと言うが、寝心地の良さにかまけて、熟睡の果てに次の日寝坊するいう失態を犯すことが今後あるだろう。

 実際、寝坊で遅刻確実となってしまったらどう会社に報告しているだろうか。素直に「寝坊しました」と言えればいいものの、だらしないイメージが付くのを恐れ「電車が遅延した」「風邪をひいた」など、適当な理由付けをする人も少なくないはず。だが中には、それが可愛く聞こえるぐらいのニッチな理由を述べる猛者もいる。

部署内チャットがもたらした遅刻理由の多様化


 その背景には、かつてとは違った遅刻報告手段のメディアが変化したこともあげられる。電話連絡などと違い、社内LINEやSkypeを使った連絡が活発化すると、文字ベースでコミュニケーションが行われる。結果として、遅刻理由は文字に起こした時にその深刻さ、リアリティが求められるようになった。過去にあった遅刻理由の事例を都内勤務の会社員に聞いた。

「線路にiPhoneが落ちたため遅れます」…愛すべき(?)会社員たちの遅刻理由

病気系


●「蕁麻疹が出たので5分遅れます」
 最悪蕁麻疹だったらいいんですけど、5分という短時間は完全に蛇足ですよね。そんな蕁麻疹なんてあるのかよと思わず心の中でツッコミを入れましたよ(30歳・IT)

●「舌がしびれているため遅れます」
 舌がしびれる経験が無かったので最初聞いた時は想像もつかなかったです。ただ、その遅刻した子は彼氏と同棲を始めたばかりでラブラブなこともあり、前日何かしら“しびれる”だけのことをしたのではないかと、変な想像を働かせてしまいました(27歳・商社)

●「朝、網膜が剥がれたため急遽手術することになりました」
 実際その人は手術でその日休んだのですが、予想できない言葉だったので不謹慎ながらニヤッとしてしまいました。焦っていて「網膜剥離」と書いていなかったせいですかね(32歳・サービス)

行政手続き系


●「銀行に立ち寄るため遅れます」
 これを当たり前のように使う人がいるんですが、会社前に行かなければならない理由ってあるんですかね?出勤後で絶対事足りますよね(34歳・IT)

●「区役所に用があるため遅れて出勤します」
 こういう理由で遅刻してきた人もいたんですが、出勤してからで済む話ですよね。こんなアラが目立つ理由で遅刻する社員が何人もいると知った時、会社の未来を案じました(36歳・IT)

●「警察署に書類を取りに行ってから出社します」
 警察署なんて本当は昼にでも行けるんですが、そいつのキャラもあってか「ついにやらかしたか」「Facebook削除しておく?」とか皆にいじられてて、おいしい感じになってました(26歳・編集)

トリッキー系


●「間違えて違うPCを持ってきてしまったので取りに戻ります」
 当日そいつは特にプレゼンも無かったので、もしPCを間違えたとしても仕事はできると思うんです。必死に考えた末の理由なんでしょうかね(25歳・IT)

●「マンションで火災報知機の点検があるため遅れます」
 こう言って遅れてきた女性社員がいましたが、管理会社立ち寄りの元で点検するからそこまで心配しなくてもいいと思うんですよね…。あんまり言いたくないですが、そういう人に限って何年も彼氏ナシだったりします(35歳・メーカー)

●「線路にiPhoneが落ちたため遅れます」
 ちょっとこれには意表を突かれました。笑ってしまったので許そうとしたんですが、よくよく考えてみれば大勢の人に迷惑をかけているので、結局長い時間説教しました。そもそも、その遅刻理由の文章はどうやって打ったんだ?(28歳・サービス)

 ここで挙げた理由の中には、意外に使えるものがあるかもしれない。だが、レパートリーが増えたからといって遅刻の常習犯にだけはならないようにしてほしい。 <取材・文/日刊SPA!編集部>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中