この15年で平和な街になった渋谷。2000年代前半、渋谷は“高校生イベサー”に占拠されていた

 数か月前まであった店がいつの間にかなくなっていて、そこにオープンした新しい店もすぐに潰れる。そんな現象が珍しくない東京において、15年という期間のあいだに街の風景が変わっていくのは当然のことだ。

 では、この15年のあいだに「渋谷」という街で起こった大きな変化はどうだろうか?

2000年代前半、渋谷に高校生イベサーがあった時代とは?

2000年代前半まで、センター街は「近寄りがたい」場所だった


 2016年2月現在の渋谷を端的に表現すれば、「世界中から老若男女が集まる、誰もが安心して訪れられる平和な観光都市」となるだろう。しかし、つい15年ほど前、つまり2000年代前半までの渋谷は違った。

 現在でも、深夜から朝方の道玄坂や円山町付近は酔客による危険な空気感が漂っていると言えなくもないが、それは当時も同じ。大きく変わったのは、やはり「センター街」の雰囲気である。

 90年代の渋谷センター街のメインストリートが、いわゆる“チーマー”文化の舞台として非常に危険な場所であったことは様々なメディアで語り尽くされているが、2000年代前半のセンター街にも同じく、通常の買い物客にとって近寄りがたい空気があった。

 近寄りがたくさせていたのは、主に高校生。近寄りがたかった理由は、センター街が“通り過ぎる”場所ではなく“溜まる”場所であったことにあるといえる。

何十から何百と存在していた「高校生イベサー」とは?


 2000年代前半、毎日のように渋谷で遊ぶ高校生だったという現在アラサー(29歳~32歳)の人たちに話を聞いてみた。

 ひとりの男性は、こう語る。

「いまの渋谷って、そもそも制服着てる高校生をあまり見かけないですよね。15年前は違いました。どこを歩いても制服の高校生だらけで、その高校生たちのあいだにコミュニケーションがあったんです。

 集まってるのは私立の進学校に通ってる人から中退してる人まで様々だったけど、大学生から流れてきた“イベサー”文化っていうのが高校生にもあって、それぞれの“イベサー”はクラス、渋谷は大きい学校って感じでした。渋谷に行けば誰か友達がいるっていう雰囲気でしたね」

 話に出た“イベサー”とは、イベントサークルの略。90年代末期から2000年代初頭、渋谷の高校生のあいだでは“イベサー”全盛期で、複数の学校のグループ同士で集まったり地元の仲間たちで結成したりした「サークル」が、渋谷を中心に何十から何百と活動していたという。

 そして、未成年の彼らにとっては当然違法行為であるが、数か月に一度のペースでそれぞれのサークル単位でクラブを貸し切ってイベントを開いたり“飲み会”を開催していたりしたそうだ。

 別の男性は、次のように話す。

「同じサークル同士だけで仲良いかというとそうでもなくて、別のサークルの人たちとも普通に仲良いし、どこのサークルにも入ってない人とでも遊ぶ。要は、“渋谷にいるヤツ”かどうかだけ。そりゃ楽しいですよ。渋谷に行けば、女の子も含めて友達がどこかしらにたくさんいて、予定なんか合わせなくても毎日大人数で集まってお茶したり遊んだりできるんですから」

高校生に占拠されていたセンター街のファーストフード店


 当時の高校生たちは、渋谷のどんな場所に“溜まって”いたのだろうか? 話を聞いていくと、やはり大手ファーストフードチェーンの名前が多く挙がった。

渋谷のファーストフード店内(取材者提供)

髪色の明るい女子高生がたむろしていた渋谷のファーストフード店内(取材者提供)

 当時、渋谷にあったファーストフード店の多くにはそれぞれ通称があり、東急ハンズ近くのマクドナルドは「ハンズマック」、そのすぐ近くのファーストキッチンは「ハンズファッキン」などと呼ばれ、「いまハンズマックには誰々たちがいる」といった具合に情報が共有されていたという。

 そして、どこよりも“溜まり場”として名前が挙がったのが、現在はバーガーキングになっている場所にあったセンター街のファーストフード店だ。こんな証言が聞かれた。

いまの彼女たちは30歳前後。

いまの彼女たちは30歳前後。どこで何をしているのだろうか

「(2000年代前半)当時のそこの2階席は、ほぼ毎日、渋谷で遊ぶ高校生たちに埋め尽くされてました。行って誰も知り合いがいないなんてことはまずなくて、5テーブルくらい飛び越えて大声で会話するなんてこともザラ。フラっと入っちゃった人は居心地悪かっただろうし、店員さんも大変だったと思います。

 なんせ、ガラの悪い高校生が何十人もタバコ吸って、注意されてもゲラゲラ笑って居座ってるわけですから。もっといえば、店に荷物を置いて別の場所に遊びに行くなんてことも普通でした。最悪ですね……。あそこは、まさにセンター街が高校生の場所であったことの象徴だと思います」

 高校生たちは、店内だけでなく店の前にも溜まり、さらに当時のセンター街では10メートルごとに立ち話する高校生の集団がいたというから、現在の人が流れるように歩き続けている渋谷センター街、いやバスケットボールストリート(2011年に改名)の雰囲気とは大きく異なるだろう。

居酒屋「L」、カラオケ「G」…高校生が堂々と飲んでいた時代


 前述の話にも出たように、現在の渋谷で“不良”と思しき高校生が路上に溜まっている光景を見かけることは、皆無といっても過言ではない。

 今回話を聞いた当時の渋谷の高校生たちの話をもとに分析すれば、――多くの大手ファーストフードチェーンや渋谷区自治体が禁煙化などの環境整備を整え、不良とされる高校生たちの溜まり場として機能する場所がなくなったことにより、そもそも街全体を基盤にしたコミュニケーションが成立しにくくなった――ということが、その大きな要因なのかもしれない。

 また、ネット・SNSの浸透が副次的に若者たちにもたらしたコミュニケーションの仕方や価値観の変化、そして社会全体の“監視強化”も見逃せないだろう。

 当時の高校生たちは、ちとせ会館にあった居酒屋「L」道玄坂にあったカラオケ「G」といった店に100人規模で集まって飲み会を行っていたようだが、現在のネット・SNS社会のなかで「渋谷のど真ん中で高校生100人が大酒を飲んでタバコを吸う」という“悪事”が大人たちにバレずに成立することは考えづらい。

 その風景だけでなく、約15年のあいだに“性格”も大きく変えてきた渋谷という街。現在の「誰もが安心して訪れられる街・渋谷」には、今日も多国籍な幅広い世代の笑顔があふれている。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中