“中高年シャブ中”になるきっかけは、若い頃の覚醒剤体験

「清原和博シャブで逮捕」の報は、イイ年こいた男が子供のおもちゃで遊ぶ情けなさがにじみ出ていた。だが、薬物専門家たちの話を聞くと、どうも今どきの覚醒剤は、若者の娯楽アイテムではなくなっているらしい。

若い頃の覚醒剤体験が手を出すきっかけに


 現在問題となっている中高年の“シャブ中”が青春を謳歌していた20年前は、覚醒剤が比較的入手しやすい環境があり、クスリと言えば覚醒剤のことだった。

「俺がハタチの頃は、友達と飲んでいて、『おまえシャブないの? じゃあ買いに行こうぜ』くらいのノリ。渋谷センター街や新宿の大久保公園にイラン人の売人が立っていて『チョコ(大麻樹脂)? エス(覚醒剤)? ナンデモアルヨ』とフランクに声をかけてきたもんだ」(薬物販売をシノギにする埼玉県内の暴力団構成員(43歳))

[シャブ中の高齢化]が止まらない! まるで無法地帯の様相だが、この“牧歌的”な薬物売買の風景は、’03年前後に一変する。渋谷での囮捜査など大規模な掃討作戦が展開された結果、繁華街での直接売買から、客の自宅近くまで売人がデリバリーするスタイルに移行していった。

 薬物事件に詳しい弁護士の小森榮氏によれば、当時好奇心旺盛な若者として覚醒剤に触れた経験を持つ人たちが、長い未使用期間を経たのち、中高年になって再び手を出すケースが最近は目立つという。

「刑事罰を含め、これだけ社会的制裁が重い状況ですし、未経験者は少し摂取しただけでも即座に錯乱するようなイメージを持っていますから、中高年になって初めて覚醒剤に手を出す人は少ない。ですが、若い頃に使用している人であれば、自分にとっての適量を知っています。ちょっとくらいなら大丈夫だと、昔を思い出して再び足を踏み出してしまうのです」

次ページかつて味わった覚醒剤のウルトラ高揚感

もう一歩踏み込んだ薬物事件の弁護術

GENJIN刑事弁護シリーズ15

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中