そもそも「覚醒剤」とはなんなのか? 意外と知らないその歴史

 元プロ野球選手・清原和博被告(48)が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕から2カ月。覚醒剤=怖いという認識を持つ人は多いが、その実、覚醒剤とはなんなのかを詳しく知る人はそうそういない。

オフィスキヨハラ オフィシャルホームページより

オフィスキヨハラ オフィシャルホームページより

 覚醒剤と日本人には、長くて古い歴史がある。1893年に薬学者である長井長義によって、漢方薬の麻黄からエフェドリンが単離抽出されたことが覚醒剤のそもそもの始まりだ。このエフェドリンから合成されたものがメタンフェタミン、すなわち覚醒剤である。

 第2次大戦中は各国が兵士の戦意昂揚のために使用。日本でも神風特攻隊の隊員が使用していたことは有名だ。

 覚醒剤はヒロポンとも呼ばれるが、このヒロポンとは大日本製薬(当時)によるメタンフェタミンの商品名である。戦後、軍部が持っていたヒロポンが大量に市中に出回り、寝ずに仕事ができる、受験勉強が捗るなどの風聞とともに一気に日本中へと広まり、ポン中(ヒロポン中毒=覚醒剤中毒)が社会問題となったのである。一時は合法だった覚醒剤だが、’51年に覚せい剤取締法が施行され全面的に使用が禁止された。現在は医療用であっても処方し、治療に使用する場合は都道府県知事への事前の届け出義務がある。

 こうした過去の社会問題が背景にあるため、覚せい剤取締法はほかの薬物の取締法よりも厳しい罰則規定が設けられているのも特徴のひとつである。

「覚醒剤」のそもそもの始まりとは?

※写真はイメージです

― [シャブ中の高齢化]が止まらない! ―

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中