そもそも「覚醒剤」とはなんなのか? 意外と知らないその歴史

 元プロ野球選手・清原和博被告(48)が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕から2カ月。覚醒剤=怖いという認識を持つ人は多いが、その実、覚醒剤とはなんなのかを詳しく知る人はそうそういない。

オフィスキヨハラ オフィシャルホームページより

オフィスキヨハラ オフィシャルホームページより

 覚醒剤と日本人には、長くて古い歴史がある。1893年に薬学者である長井長義によって、漢方薬の麻黄からエフェドリンが単離抽出されたことが覚醒剤のそもそもの始まりだ。このエフェドリンから合成されたものがメタンフェタミン、すなわち覚醒剤である。

 第2次大戦中は各国が兵士の戦意昂揚のために使用。日本でも神風特攻隊の隊員が使用していたことは有名だ。

 覚醒剤はヒロポンとも呼ばれるが、このヒロポンとは大日本製薬(当時)によるメタンフェタミンの商品名である。戦後、軍部が持っていたヒロポンが大量に市中に出回り、寝ずに仕事ができる、受験勉強が捗るなどの風聞とともに一気に日本中へと広まり、ポン中(ヒロポン中毒=覚醒剤中毒)が社会問題となったのである。一時は合法だった覚醒剤だが、’51年に覚せい剤取締法が施行され全面的に使用が禁止された。現在は医療用であっても処方し、治療に使用する場合は都道府県知事への事前の届け出義務がある。

 こうした過去の社会問題が背景にあるため、覚せい剤取締法はほかの薬物の取締法よりも厳しい罰則規定が設けられているのも特徴のひとつである。

「覚醒剤」のそもそもの始まりとは?

※写真はイメージです

― [シャブ中の高齢化]が止まらない! ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中