書店でカバーをかけてもらう本の傾向について【コラムニスト原田まりる】

 書店で本を購入する時には、店員さんに必ず聞かれる。「本にカバーはおかけしますか?」と。この質問に対して、一瞬の間に「この本はカバーがあったほうが安全? なくても大丈夫?」とジャッジを下さなくてはならない。

 本にはカバーを思わずかけたくなる本、かけなくても気にならない本の2種類に分かれる。今まで、本を購入した際に自分がカバーをかけたくなった本のタイトルを思い返してみたところ、さまざまなジャンルの本があった。それらは以下の通りである。

・自己啓発書
・タイトルに性的な言葉が含まれている本
・死を連想させるタイトルの本
・文学作品

 逆にカバーがなくても気にならない本は、漫画、料理本、旅行本、風景写真集などである。

 カバーをかけたくなる本は自分が「恥ずかしさ」を感じる要因がなにか1つ以上含まれている、もしくは「誤解」を生みそうな要因が1つ以上含まれているという共通点がある。「恥ずかしさ」の要因を隠したい、もしくは「誤解」を生む要因を隠したいという気持ちを、私たちはカバーをかけることで覆い隠しているのだ。そしてそれは本のジャンルによって違うのである。

 まず自己啓発書。自己啓発書にカバーをかけたくなるのは「恥ずかしさ」隠しである。どういう恥ずかしさかというと、楽して成功を手にいれたいという自分の浅ましさ・浅はかさである。自己啓発書は自分で読んでおきながらも、自分で自分を青臭く感じてしまうというモードに入ってしまう時があるので、恥ずかしさ隠しについついカバーをかけてしまう。

 次に、タイトルに性的な言葉が含まれている本。これは「恥ずかしさ」隠しの場合、また「誤解」隠しの場合の2パターンがある。タイトルに性的な言葉が入っている本を人前で読むという行為は、周囲へ性への興味・性癖を触れ回っているような恥ずかしさがある。特に、テクニック指南本・官能小説は恥ずかしさMAXだ。しかし、社会学・民俗学的な視点の本にカバーをかける場合は違ってくる。社会学・民俗学的な視点で性について書かれた本にカバーをかける場合は「誤解」を生む要因を隠すためである。以前「夜這いの民俗学」という本を購入した時、夜這いマニアだと誤解されるのではないか? 夜這いを誘っているメッセージだと思われないか? という不安がチラつき、カバーをかけてもらったことがあった。その時に「性的な言葉が入っている本を読んでいると、どんな内容でも色欲魔っぽく思われそうだな…」と誤解を恐れる自分がいた。といっても、夜這いの民俗学は民俗学に興味があって買ったのではなく夜這いの文化について興味があって買ったので誤解もくそもないが…。

 さらに、死を連想させるタイトルの本もカバーが必要かもしれない。これは「恥ずかしさ」ではなく「誤解」を生む要因隠しである。人前で「死ぬ瞬間の5つの後悔」など、死を連想させるタイトルの本を読んでいると、親切な人に「運気を上げるシール」をもらったことがあった。自殺を考えて読んでいるわけではないのだが、死のイメージがつきまとう本を人前で広げると、親切な人ほど「SOSサインを出しているに違いない」と心配し「大丈夫?君は君のままで大丈夫だよ」と格言めいたメッセージで励まされ、最終的に宗教に勧誘されたりしたことを機に「死」を連想させるタイトルの本にはそっとカバーをかけることにしている。

 そして最後は文学作品。これは「恥ずかしさ」隠しであるが、少し特殊な恥ずかしさが絡んでいる。別のシチュエーションで例えるならば、パソコンの履歴やiTunesに入れている楽曲リストを見られた時の恥ずかしさに似ている。「大きい恐竜 ランキング」など、どうでもいいことを検索している履歴や、密かに好きなアーティストの傾向が他人に見られる恥ずかしさ…。頭の中をまるまる覗かれてしまったような恥ずかしさを隠すために文学作品にもカバーをかけているのかもしれない。

 総合すると、本にカバーをかける動機はすべて、他人に対して「恥ずかしさ」「誤解」される要因を隠す行為である。心理学者のアドラーが「人間の悩みのすべては対人関係である」と言っているが、本にカバーをかける動機も、もとを正せば対人関係の悩みと直結しているのではないだろうか。 <文/原田まりる>

書店でカバーをかけてもらう本の傾向について【コラムニスト原田まりる】

※青少年でも安心して読める内容です!

【プロフィール】
85年生まれ。京都市出身。コラムニスト。哲学ナビゲーター。高校時代より哲学書からさまざまな学びを得てきた。著書は、『私の体を鞭打つ言葉』(サンマーク出版)。レースクイーン、男装ユニット「風男塾」のメンバーを経て執筆業に至る。哲学、漫画、性格類型論(エニアグラム)についての執筆・講演を行う。Twitterは@HaraDA_MariRU
原田まりる オフィシャルサイト https://haradamariru.amebaownd.com/

私の体を鞭打つ言葉

突如、現れた哲学アイドル!「原田まりるの哲学カフェ」を主催する著者が放つ、抱腹絶倒の超自伝的「哲学の教え」

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中