“妖鬼Jr”を名乗らなかったバレンタイン――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第45回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第45回


 プロレスラーとしてのキャラクターに“太陽”のようなイメージと“月”のようなイメージのふた通りがあるとしたら、グレッグ・バレンタインは“月”のような光を放つスーパースターだった。いまでも現役選手としてインディー・シーンでマイペースな活動をつづけているから、“だった”という過去形の表現は適切ではないかもしれない。

“妖鬼”ジョニー・バレンタインの息子、グレッグ・バレンタイン

グレッグ・バレンタインは、毒針殺法エルボー攻撃で一世を風びした“妖鬼”ジョニー・バレンタインの息子。しかし、父バレンタインが現役で活躍しているあいだはその血縁関係が明らかにされることはなかった。(写真はアメリカの専門誌『プロレスリング・イラストレーテッド』表紙より)

 父親は“毒針殺法”エルボー攻撃の使い手で、日本では若き日のアントニオ猪木のライバルとして“妖鬼”というニックネームで親しまれたジョニー・バレンタイン。グレッグは1951年、ワシントン州シアトル生まれで、1968年に17歳でプロレスラーとしてデビューした。

 デビュー当時はバレンタインの息子ではなく“弟”ということになっていた。1970年代前半はバレンタイン自身がまだ現役バリバリで活躍していたため、息子の存在は公表されず、そのプロフィルも改ざんされた。“妖鬼”バレンタインは自分とうりふたつのジュニアとの親子タッグ結成を望まなかった。

 グレッグは、ベビーフェース・ネルソンというリングネームでルーキー時代を過ごし、その後はジョニー・ファーゴに改名し、ドン・ファーゴとのコンビでタッグチーム、ファビュラス・ファーゴ・ブラザース(二代目)として活動した。“二世レスラー”としてはどちらかといえば不遇な下積み時代を送った。

 父バレンタインはNWAジム・クロケット・プロモーションをツアー中、小型セスナ機の墜落事故(1975年10月4日=ノースカロライナ州ウィルミントン)で背骨3カ所、両足首骨折の重傷を負い引退。このセスナ機に同乗していたリック・フレアーも背骨と腰を負傷したが、それからわずか4カ月後に戦列復帰を果たした。奇跡的なカムバックだった。

 “先代”バレンタインとフレアーは、この事故の約1カ月まえにタッグチームを結成したばかりで、バレンタインはキャリア3年の売り出し中の若手ヒールだったフレアーのアドバイザー的な立場だった。

 結果的に、父バレンタインの突然の引退が息子グレッグを表舞台にひっぱり出した。26歳のフレアーと24歳のグレッグは、金髪のロングヘアとおそろいのロングガウンをトレードマークに新タッグチームを結成することになる。

 ここで初めてバレンタイン親子の血縁関係が明らかにされ、グレッグもそれまで封印していた父親譲りの毒針殺法を解禁した。フレアーが“リック・フレアー”としての自我にめざめたのもちょうどこのころだった。

 フレアーがシングルプレーヤーとしての道を歩みはじめると、グレッグもシングルプレーヤーとしてWWEと契約。1980年代前半はWWEヘビー級王者ボブ・バックランドのライバルとして東海岸エリアをサーキット。その後はWWEとNWAクロケット・プロを何度も往復しながらメインイベンターの座をキープした。

 ビンス・マクマホンが全米マーケット進出プロジェクトをスタートさせた“1984体制”以後はWWEに定着し、ティト・サンタナを下して“ナンバー2”のポジションにあたるインターコンチネンタル王座を獲得(1984年9月24日=カナダ・オンタリオ)。

 マディソン・スクウェア・ガーデン定期戦でハルク・ホーガンとも対戦し(1985年4月10日)、ブルータス・ビーフケーキとのコンビではバリー・ウインダム&マイク・ロトンドのUSエキスプレスからWWE世界タッグ王座を奪取した(1985年8月24日=ペンシルベニア州フィラデルフィア)。

 ビンスにとって、グレッグはどんなポジションでもこなせる、ひじょうに使いやすいユーティリティー・プレーヤーだったのだろう。父バレンタインは40代後半までメインイベンターをつとめた息の長いスーパースターだったが、息子グレッグはあくまでも職人タイプのバイプレーヤーに徹した。

 いまもなお現役としてリングに上がりつづけるキャリア48年、64歳のグレッグは、アメリカのインディー・シーンの大御所のなかの大御所。光沢のある厚いベルベット地に金色のスパンコールが散りばめられたロングガウンが似合うオールドファッションなスーパースターは、フレアーとグレッグのふたりだけになった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

20_nikkan40_nikkan

この特集の記事一覧

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中