ホーガンとテリーの不思議なフレンドシップ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第50回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第50回


 2005年4月、“レッスルマニア21”の前日にロサンゼルスのユニバーサル・アンフィシアターでおこなわれた“ホール・オブ・フェーム”授賞セレモニーで、ハルク・ホーガン、ロディ・パイパー、ポール・オーンドーフら1980年代のスーパースターたちがWWE殿堂入りした。

テリー・ファンクの自伝『More Than Just Hardcore』表紙より

ハルク・ホーガンに映画『ロッキー3』出演のチャンスを与えたのは、じつはテリー・ファンクだった。1986年のWWEはホーガンとテリーの因縁ドラマで幕を開けた。(写真はテリー・ファンクの自伝『More Than Just Hardcore』表紙より)

 授賞セレモニーのゲスト・プレゼンターとしてホーガンに記念のプラック(盾)を渡したのはシルベスター・スタローンだった。スタローンのスピーチは「わたしとプロレスのお付き合いはテリー・ファンクとの出逢いから」というグリーティングではじまった。

 ホーガンは映画『ロッキー3』に出演したことでメインストリームのスポーツ・セレブリティーとしてのステータスを手に入れた、という定説がアメリカのマスメディアのコンセンサスになっている。ホーガンはこの映画で自分とそっくりのサンダー・リップスというプロレスラー役を演じ、スクリーンのなかでロッキーと対決した。

『ロッキー3』が全米で公開されたのは1982年夏で、ホーガンはその3年まえにはすでにニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンでメインイベンターとして活躍していたし、1981年からは1984年までは1年を通じてアメリカと日本(新日本プロレス)を往復する生活をしていたから、スタローンとの共演がホーガンをスーパースターに変身させたとする説にはやや誤認がある。

 スタローン自身のコメントにもあるように、俳優としてスタローンと共演した最初のプロレスラーはホーガンではなくて、プロレスを題材にした映画『パラダイス・アレイ』で準主役を演じたテリー・ファンクだった。この映画は『ロッキー』シリーズほどのヒット作とならなかったため、スタローンの代表作のリストには入っていない。

 スタローンは『ロッキー3』に出演させる“大きな金髪のプロレスラー”のキャスティングをテリーに依頼し、テリーがホーガンに声をかけてホーガンの映画出演が実現した。テリーは、もともとホーガンを外国人選手のレギュラー枠で全日本プロレスにブッキングするつもりだったという。

 南アフリカ共和国でのホーガンとの“消されたシングルマッチ”から1年後、テリーは全日本プロレスのリングで引退試合をおこなった(1983年8月31日=東京・蔵前国技館)。ホーガンは同年、アントニオ猪木を“舌出し失神KO”で下し『83IWGPリーグ戦』に初優勝(1983年6月2日=蔵前国技館)。WWE世界王座よりも先にIWGPのチャンピオンベルトをその腰に巻いた。

 テリーは感動的な引退セレモニーから1年4カ月後、『84世界最強タッグ』で現役復帰を果たすが、多くのファンはこれを“裏切り行為”ととらえ、そのカムバックをあまり歓迎しなかった。そして、テリーは1985年夏にWWEに活躍の場を求めた。テリーとホーガンはここで約3年ぶりに再会する。

 全米3大ネットワーク局のひとつ、NBCがプロデュースするプロレス特番“サタデーナイト・メインイベント”の1986年度の第1回大会のメインイベントは、ホーガン対テリーのWWE世界戦だった(1986年1月4日オンエア)。

 ホーガンには人気者のジャンクヤード・ドッグ、テリーには悪党マネジャーのジミー・ハートがそれぞれセコンドについての古典的なベビーフェース対ヒールのTVマッチは、ホーガンが十八番レッグドロップから完ぺきなフォール勝ちをスコアした。

 この番組は土曜夜11時の時間帯としてはNBC史上2位となる10.4パーセントの高視聴率をはじき出した。あごヒゲをたくわえた41歳のテリーは、西部劇にでも出てきそうなオールドファッションな“荒くれカウボーイ”を演じた。

 現在、WWEのアクション・フィギュアの“レジェンド・シリーズ”として発売されているテリー・ファンク人形は、このときのカウボーイ・スタイルのキャラクターになっている。

 ホーガンとテリーの因縁ドラマはロングランにはならなかった。WWEは“レッスルマニア2”に向け新路線のドラマづくりにとりかかろうとしていた。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

20_nikkan40_nikkan

ロッキー3

強敵<殺人マシーン・クラバー>出現!闘争本能を、失った栄光をロッキーは取り戻せるのか──?

パラダイス・アレイ

「ロッキー」「ランボー」(スタローンの上に)シルベスター・スタローンの記念すべき初監督作品!!

この特集の記事一覧

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中