“バトルロイヤル”は本命アンドレが優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第56回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第56回


 日本ではなぜか人気がなくて、アメリカでは“ドル箱カード”としてもてはやされる試合形式の典型がバトルロイヤルである。

写真はWWEオフィシャル・プログラム表紙より

NFLプレーヤー6選手がゲスト出場した20選手出場バトルロイヤル(オーバー・ザ・トップロープ方式)は、大本命アンドレ・ザ・ジャイアントが優勝。最後の最後までリング内に生き残っていたのは、のちに90年代を代表するスーパースターに“大化け”するブレット・ハートだった。(写真はWWEオフィシャル・プログラム表紙より)

 アメリカのプロレスファンの感覚では、バトルロイヤルとはオールスター・キャストが一堂に会すゴージャスなイベントということになる。ちなみにバトルロイヤルBattle Royalという単語はプロレス用語ではなくて、ちゃんと辞書にも載っている英単語で、3人以上がおたがいに闘う大乱闘を意味するほか、大論戦、激論といった知的な闘いとしての定義もある。

 “レッスルマニア2”シカゴ大会(1986年4月7日)の超目玉カードは、“冷蔵庫ペリー”ことウィリアム・ペリー(シカゴ・ベアーズ=当時)をはじめとするNFLプレーヤー6選手がゲスト出場したオープン・インビテーショナル・バトルロイヤルだった。

 同年1月のスーパーボウルでMVPを獲得し、アメリカでもっとも知名度の高いスポーツ・セレブリティーとなったペリーの“プロレス体験”というニュースにアメリカじゅうのマスメディアが飛びついたことはいうまでもない。バトルロイヤルという試合形式は、じつはプロ・フットボール選手たちの“弱点”を隠すための一種のカムフラージュになっていた。

 試合はフォール、ギブアップ、反則、場外カウントによる裁定ではなく、トップロープごしに場外に転落した選手が失格というオーバー・ザ・トップロープ方式でおこなわれた。観客の視線を一身に集めていたのは“冷蔵庫ペリー”ではなく、どこからみてもいちばん大きいアンドレ・ザ・ジャイアントとそのライバルのビッグ・ジョン・スタッドのふたりだった。

 スタッドは長身のビル・フラーリック(アトランタ・ファルコンズ)をオーバー・ザ・トップロープで場外にたたき落とし、つづいて“冷蔵庫ペリー”の超巨体をすくい投げのような体勢でトップロープごしにリング下に落とした。

 “冷蔵庫ペリー”はリング下からスタッドに握手を求めるようなしぐさをみせ、スタッドがこれに応じると、その右手を下からひっぱってスタッドを場外に落とした。ペリーにはペリーのためのメディア向けのワンシーンが用意されていた。

 リング上にはアンドレ、ラス・フランシス(サンフランシスコ・49ナーズ)、ハート・ファウンデーション(ブレット・ハート&ジム・ナイドハート)の4選手が生き残っていた。フランシスの父親エド・フランシスは元プロレスラーで、引退後はハワイでプロモーターとして活躍した人物。フランシス自身もプロ・フットボール選手になる以前、ちょっとだけプロレスをかじったことがあった。

 ブレット・ハートは、この時点ではまだ28歳のタッグ専門の中堅クラスの選手だった。ロングタイツとタンクトップを組み合わせたカルガリー・スタイルのリング・コスチュームはすでにトレードマークになりつつあったが、イメージカラーのピンクは“開発段階”で、この日はライトブルーを基調にしたタイツをはいていた。

 ブレットとナイドハートは、まずふたりがかりで軽量のフランシスを場外に投げ落とした。リング上は、アンドレ対ブレット&ナイドハートのハンディキャップ・マッチ的な展開となった。アンドレのアトミックドロップを食らったナイドハートが、トップロープごしに場外に吹っ飛んでいった。

 アンドレがブレットをボディーリストし、そのままトップロープごしに場外に投げ捨てた。ブレットはプランチャのような格好で宙を舞い、場外のナイドハートの上に落ちていった。バトルロイヤルは“本命”アンドレの優勝でその幕を閉じた。

 ブレット“ヒットマン”ハートが、それから約10年後にWWE史のみならずプロレス史にその名を残すスーパースターのなかのスーパースターに変身することを予想したファン、関係者はこの日、ほとんどいなかった。(つづく)

斎藤文彦

斎藤文彦

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦 イラスト/おはつ

※斎藤文彦さんへの質問メールは、こちら(https://nikkan-spa.jp/inquiry)に! 件名に「フミ斎藤のプロレス講座」と書いたうえで、お送りください。

20_nikkan40_nikkan

この特集の記事一覧

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中