“レッスルマニア”が狂わせたキッド&スミスの運命――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第58回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第58回


 “レッスルマニア2”シカゴ大会のメインイベントは、ダイナマイト・キッド&デイビーボーイ・スミスのブリティッシュ・ブルドッグスがグレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキの保持するWWE世界タッグ王座に挑戦したタイトルマッチだった(1986年4月7日=イリノイ州シカゴ、ローズモント・ホライズン)。

写真はWWEオフィシャル・ビデオのジャケットより

キッド&スミスのブリティッシュ・ブルドッグスは“レッスルマニア2”シカゴ版のメインイベントでグレッグ・バレンタイン&ブルータス・ビーフケーキが保持するWWE世界タッグ王座に挑戦したが…。(写真はWWEオフィシャル・ビデオのジャケットより)

 バレンタイン&ビーフケーキは1985年8月、フィラデルフィアでバリー・ウインダム&マイク・ロトンドのUSエキスプレスを下して同王座を獲得し、その後、8カ月間にわたりチャンピオンベルトをキープしていた。実力派のバレンタインが典型的なキャラクター先行型のビーフケーキのベビーシッター役になっていた。

 キッド&スミスのB・ブルドッグスのセコンドには専属マネジャーのルー・アルバーノとゲスト・セレブリティーのオジー・オズボーンがついた。この試合がシカゴ大会のメインにラインナップされた理由はどうやら大物ロックシンガー、“悪魔の使者”オズボーンの登場によるところが大きかった。

 前年の“レッスルマニア”第1回大会では、アルバーノがロック・シンガーのシンディ・ローパーをプロレスのリングにひっぱり上げて話題を呼んだが、この大会ではローパーよりもはるかにハードコアなイメージのオズボーンをブッキングした。アルバーノは、音楽シーンと独自のコネクションを持っていた。

 このときキッドはすでに腰と首に故障を抱えていた。年齢はまだ27歳だったが、12年におよぶハード・バンプのくり返しによるダメージの蓄積がそれほど大きくないキッドの体を確実に蝕んでいた。

 キッドとバレンタイン、キッドとビーフケーキ、スミスとバレンタイン、スミスとビーフケーキというリング上のひとつひとつのからみはどれもミスマッチの連続だった。キッドとスミスのスピーディーな動きがバレンタンのスローテンポとかみ合わず、そこにビーフケーキが立っていると試合そのもののリズムにズレが生じた。

 1980年代前半、ボブ・バックランドとの長編ドラマでマディソン・スクウェア・ガーデン定期戦を何度もソールドアウトにしたビッグネームのバレンタインは、ニューカマーのキッドとスミスをどこか格下扱いした。ビーフケーキは、ジャンピング式のスナップメア(首投げ)を狙って飛び上がったスミスを意地悪く後頭部からキャンバスに落とした。

 キッドはキッドらしいカミソリのようなシャープな動きをなかなかディスプレーすることができず、スミスもまた基本的な投げ技の失敗、ミスムーブをくり返した。

次ページフィニッシュは唐突にやって来た

この特集の記事一覧

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中