“金網マッチ”ホーガン対バンディ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第59回

「フミ斎藤のプロレス講座別冊」月~金更新 WWEヒストリー第59回


 アメリカ大陸横断3都市同時開催という“超大作”となった“レッスルマニア2”のPPV生中継は、第1部のニューヨーク、第2部のシカゴを経由し、最後のロケーションであるロサンゼルスのLAスポーツ・アリーナへと移動した(1986年4月7日)。

写真はWWEオフィシャルDVD『レッスルマニア2』ジャケットから

“レッスルマニア2”ロサンゼルス版のメインイベントは、ハルク・ホーガン対キングコング・バンディの金網マッチ。この時代のホーガンの定番パターンといっていい典型的な勧善懲悪ストーリーだった。(写真はWWEオフィシャルDVD『レッスルマニア2』ジャケットから)

 ニューヨークのナッソー・コロシアムは1万5500人、シカゴのローズモント・ホライズンは9000人、LAスポーツ・アリーナは1万4500人をそれぞれ動員。“レッスルマニア2”は3都市で合計3万9000人の大観衆を集めた。

 ロサンゼルス大会のラインナップは、リッキー“ザ・ドラゴン”スティムボート対ハーキュリース・ヘルナンデス、アドリアン・アドニス対アンクル・エルマー、テリー&ホスのザ・ファンクス対ティト・サンタナ&ジャンクヤード・ドッグ、ハルク・ホーガン対キングコング・バンディの4試合。

 1970年代から1980年代前半まで全日本プロレスの常連だったファンクスが“レッスルマニア”に出場していたという事実はちょっと意外な感じがしないでもない。日本では絶対的なベビーフェースだったドリーはWWEのリングではホス・ファンクというリングネームを名乗り、カウボーイ・スタイルのヒールを演じていた。

 ファンクス対サンタナ&JYDのタッグマッチは、テリーがマネジャーのジミー・ハートのメガホンでJYDの額を一撃し、いかにも悪役らしいフォール勝ちをスコアした。つねに沈着冷静で無表情なドリーよりも激情型のテリーのほうがヒールに向いているようだった。

 メインイベントのホーガン対バンディの金網マッチは、この時代のホーガンの定番パターンだった勧善懲悪ストーリーの典型といっていい、きわめて単純な因縁ドラマの完全決着戦。WWE世界ヘビー級王者として3年めを迎えたホーガンは、いわゆるビギナー層のためのシンプルでわかりやすいプロレスを構築していた。

次ページこのイベントの1カ月まえ…

この特集の記事一覧

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中