新人ホステス・綾は大学4年生――連続投資小説「おかねのかみさま」

みなさまこんにゃちは大川です。

連続投資小説『おかねのかみさま』23回めです。ひゅー(°3°)
今回の原稿は六本木SLOW PLAYで書きました。

※⇒前回「グラグラと揺れながら」

〈登場人物紹介〉
健太(健) 平凡な大学生。神様に師事しながら世界の仕組みを学んでいる
神様(神) お金の世界の法則と矛盾に精通。B級グルメへの造詣も深い
死神(死) 浮き沈みの激しくなった人間のそばに現れる。謙虚かつ無邪気
美琴(美) 普通の幸せに憧れるAラン女子大生。死神の出現に不安を募らせる
美熟女(熟) 銀座の高級クラブ「サーティンスフロア」のママ。

〈第23回 心が痛いよね〉
「………」
「………」

「あの………」
「ハイ」

「ご注文は…なにが…よろしいでしょう…」

「ス…」

「す…」

「スナギモ…」
「すなぎも…」
「ハイ……」

「すなぎもで…いらっしゃいますね…」
「ハイ…」

「タレと……タレと塩が…ございます…」

「シオデ…」

「塩ですね…」

「ハイ…」

「ほかにご注文は…」

「カンガエトク」

「かしこまりました…」

「アリガト」
——–
—–

2週間後

—–
——–
銀座サーティーンスフロア 23:07

「いらっしゃいませー♡」

「ひさしぶり」

「東宮さん!ほんとおひさしぶりねー!今日はおひとり?」
「うん。いま接待会食おわったんだ。おじいちゃんだったから早めに終わった」
「うれしい♡今日から入った新人さんいるからあとで連れてくるわね」
「ありがとう」
「ちょっとまっててね」

—-

「こんばんわー♡」

「こんばんは。若いなー。大学生?」

「はい!でももうすぐ社会人です!」

「お、就職決まったんだ。おめでとう。名前は?」

「あやです!」

「あやちゃんか。東宮です」

「なんかかっこいい名前ですね!」

「ありがとう」

「水割りでよろしかったですか?」

「いや、ソーダで割ってくれるかな」

「はい!」

ぐるぐるぐるぐるーのぐーるぐるーーー

「デキました!」

「ありがとう。綾ちゃんは大学で何を勉強してたの?」

「経済学です!でも、何に役立つのかわかんなかったから、結局全部忘れちゃいました…」

「経済学かー。俺も昔やったなー。でもいま考えるとずいぶん古い方法だからね。確かに役立つものは少ないかもね」

「そうなんですか?」

「うん。ウチみたいな不動産の場合は土地の仕入れとか建築資材の仕入れでちょっと関係あるかなーと思うけど、結局は仕事はじめてから覚えたことばっかりだからね」

「東宮さん、不動産のお仕事してらっしゃるんですか?」

「東宮さんはね、マンションいーーーーーぱい売ってるの」

「マンション?すごーい」

「いや、マンションっていってもワンルームばっかりだよ。投資用の」

「とうしよう?あの、モクレンとかツツジとかビワの?」

「いや、それは双子葉植物。投資用っていうのは、自分で住むために買うマンションじゃなくて、いろんなヒトが自分で買ったマンションを誰かに貸してお家賃をもらうためのマンションっていう意味だよ」

「自分で住まないんだ!」

「そう。だいたいの人は銀行でお金を借りて、ウチでマンションを買ってお家賃をもらってそこから諸経費を払ったあとに毎月銀行に返済をする。そうすると大体手元に少しはお金が残るから、ローンを払い終えたときにはちょっとずつ貯めたお金と古くなったマンションが残るっていうわけ」

「ほんとだ。マンションも残ってる。しかもそっからもお家賃は入り続けるんですね」

「そう。あたまいいね。だから場所が良ければ古くなってもずっとお家賃が入り続けるんだよね」

「すごいですね。あたし、大家さんになってお家賃もらうのって一千万円とか払える人だけだと思ってました」

「確かにお金をたくさん持ってる会社とか富裕層は一棟まるごと買ったりするけどね。ウチの場合はもっと原始的というか力技で、2000人の電話部隊が機械みたいに電話かけまくるんだ」

「2000人!?」

「うん。なんかね、そういうことするともちろんたまにマンション売れるんだけど、やっぱりなんていうか、心が痛いよね。情弱騙すのって」

「でも!すごいじゃないですか!わたしいまけっこう遠くに住んでるからどっか近くのワンルームに住みたいなー」

「あら、綾ちゃん買ってもらえばいいじゃなーい♡」

「ほんとにー!?」

「買わない買わない」

「えー♡」

「そのうちね♡そうそう、もうひとり新人がいるんだけど、ご一緒させてもらっていいかしら?」

「どうぞ」

「美琴ちゃん呼んでくれる?」

「カシコマリマシタ」

次号へつづく

【大川弘一(おおかわ・こういち)】
1970年、埼玉県生まれ。経営コンサルタント、ポーカープレイヤー。株式会社まぐまぐ創業者。慶応義塾大学商学部を中退後、酒販コンサルチェーンKLCで学び95年に独立。97年に株式会社まぐまぐを設立後、メールマガジンの配信事業を行う。99年に設立した子会社は日本最短記録(364日)で上場したが、その後10年間あらゆる地雷を踏んづける。

Twitterアカウント
https://twitter.com/daiokawa

2011年創刊メルマガ《頻繁》
http://www.mag2.com/m/0001289496.html

「大井戸塾」
http://hilltop.academy/
井戸実氏とともに運営している起業塾

〈イラスト/松原ひろみ〉
20_nikkan

逆境エブリデイ

総移動距離96,000キロメートル! 大川弘一がフルスピードで駆け抜けた400日間全記録

この特集の記事一覧

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中