「喫煙シーンのある映画は成人指定に」WHOの勧告に正義はあるのか?

 今年2月1日、WHO(世界保健機関)が各国に勧告した「喫煙シーンのある映画やドラマなどは成人向けに指定」という発表内容。「世界の若者たちを喫煙に誘導している」という趣旨だが、「厳しすぎる」という声が広がっている。

あの名作アニメ映画も成人指定に?

あの名作アニメ映画も成人指定に?

「未成年者が『映画スターが喫煙するシーンを見てタバコを吸いたくなる』というなら飲酒はどうなのか? 車の運転はどうなのか? タバコだけを槍玉にあげるなら、飲酒や運転のシーンが含まれる映画も成人指定にしないとおかしいでしょう」(42歳・番組制作会社)

「『ワンピース』も『ルパン三世』も子供が大好きでよく一緒に観にいきますけど、喫煙シーンはあります。成人指定になると当然、子供と一緒に楽しみたいのにそれも出来なくなる。別に映画は教育の一環ではなくてあくまでも娯楽。そんな頭ごなしに言ってくるのはバカバカしいと思います」(38歳・主婦)

 確かに日本のアニメ映画の登場人物を思い出してみれば、『ルパン三世』の次元も、『ワンピース』のサンジも愛煙家。それが、このWHOの勧告が通れば、当然子供は観れなくなってしまう。

「『風立ちぬ』で『結核患者の近くで主人公がタバコを吸っててムカムカした』なんて嫌煙者によるヒステリックな意見もありましたが、完全分煙が当たり前の現代ならまだしも、兵隊に恩賜でタバコが配給されるなど、戦中はタバコを吸うのが当たり前。そういった意見をいちいち汲み取ってたら、時代考察を描いた作品は作られなくなってしまう。WHOの勧告は表現の自由と文化を顧みない、危険思想です」(40歳・シナリオライター)

 そもそも、WHOの勧告とは世界各国の文化作品を検閲するほど効力があるものだろうか。元厚労省の職員は次のように語る。

「WHOの勧告に法的拘束力はありません。それでも、WHOの勧告に唯々諾々と従うのは日本くらいのものですよ。例えばアメリカはエビデンス(証拠)がなければ従わないし、勧告内容についても独自のリサーチとお金をかけたうえで従うかどうかを決めます。以前WHOの外部機関が出した加工肉の摂取と発がん性の関係性についても、日本だけがヒステリックに反応して物笑いのタネになりました」

 健康ファシズムかつ、文化の破壊者であるWHOに従う必要はないのかもしれない。 〈取材・文/日刊SPA!取材班〉

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中