「喫煙シーンのある映画は成人指定に」WHOの勧告に正義はあるのか?

 今年2月1日、WHO(世界保健機関)が各国に勧告した「喫煙シーンのある映画やドラマなどは成人向けに指定」という発表内容。「世界の若者たちを喫煙に誘導している」という趣旨だが、「厳しすぎる」という声が広がっている。

あの名作アニメ映画も成人指定に?

あの名作アニメ映画も成人指定に?

「未成年者が『映画スターが喫煙するシーンを見てタバコを吸いたくなる』というなら飲酒はどうなのか? 車の運転はどうなのか? タバコだけを槍玉にあげるなら、飲酒や運転のシーンが含まれる映画も成人指定にしないとおかしいでしょう」(42歳・番組制作会社)

「『ワンピース』も『ルパン三世』も子供が大好きでよく一緒に観にいきますけど、喫煙シーンはあります。成人指定になると当然、子供と一緒に楽しみたいのにそれも出来なくなる。別に映画は教育の一環ではなくてあくまでも娯楽。そんな頭ごなしに言ってくるのはバカバカしいと思います」(38歳・主婦)

 確かに日本のアニメ映画の登場人物を思い出してみれば、『ルパン三世』の次元も、『ワンピース』のサンジも愛煙家。それが、このWHOの勧告が通れば、当然子供は観れなくなってしまう。

「『風立ちぬ』で『結核患者の近くで主人公がタバコを吸っててムカムカした』なんて嫌煙者によるヒステリックな意見もありましたが、完全分煙が当たり前の現代ならまだしも、兵隊に恩賜でタバコが配給されるなど、戦中はタバコを吸うのが当たり前。そういった意見をいちいち汲み取ってたら、時代考察を描いた作品は作られなくなってしまう。WHOの勧告は表現の自由と文化を顧みない、危険思想です」(40歳・シナリオライター)

 そもそも、WHOの勧告とは世界各国の文化作品を検閲するほど効力があるものだろうか。元厚労省の職員は次のように語る。

「WHOの勧告に法的拘束力はありません。それでも、WHOの勧告に唯々諾々と従うのは日本くらいのものですよ。例えばアメリカはエビデンス(証拠)がなければ従わないし、勧告内容についても独自のリサーチとお金をかけたうえで従うかどうかを決めます。以前WHOの外部機関が出した加工肉の摂取と発がん性の関係性についても、日本だけがヒステリックに反応して物笑いのタネになりました」

 健康ファシズムかつ、文化の破壊者であるWHOに従う必要はないのかもしれない。 〈取材・文/日刊SPA!取材班〉

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中