地元コミュニティの「センパイ文化」が、未成年の売春・薬物使用に拍車をかける

 2015年2月に神奈川県川崎市で起きた中1男子殺害事件の背景にあったのは、学区や学年が異なれど、ゆるく繋がっていた地元コミュニティの存在だった。

 逮捕された主犯格の18歳(当時)の少年は、被害にあった中1生徒よりも5歳年上。年齢が離れているにもかかわらず、彼らが普段行動をともにしていたことが、捜査関係者の調べで明らかになっている。

未成年売春は地元コミュニティで行われる


 実は、こうした「センパイ文化」が地域での犯罪が横行している原因ともなっている。

地域での未成年売春が横行している原因となる「センパイ文化」 かつての地元仲間と言えば、同じ中学の同学年、あるいは上下2学年以内の人間関係を指すことが多く、それより年の離れた人との交流は稀だった。だが、近年では地元のLINEグループによっていくらでも学区外の地元のセンパイと繋がれる。

 東京東部のあるエリアでは、地元で繋がった仲間たち30数人で作られたLINEグループがある。下は13歳の中学1年生、上は36歳の「センパイ」だ。

 このLINEグループに入っている30代男性A氏はそこで繰り広げられている日常を次のように語る。

センパイ経由で下に薬物が流れたりも「センパイ経由で下に薬物が流れたり、こっちのリクエストに応えるかたちで中坊に同級生の女子を紹介させることもある。下で入ってきたヤツらには女のコを献上させる文化があるんですよ」(A氏)

 学区とは切り離された地元コミュニティはタテの文化が強い。そのため、30代が10代の中学生に少女の紹介を指示するケースが少なくないというのだ。

「女のコを紹介させるときは絶対にLINEに残さない。会って直接紹介させてこっちは、一言もしゃべらないで行為だけしてバイバイ。LINEグループを見られても簡単に足がつかないと思う」(A氏)

 未成年売春と聞けば、出会い系サイトの書き込みや家出少女を狙ったものが多いという印象を受けるだろう。だが、近年では閉鎖的な地元仲間だけでこうした悪事が繰り広げられているのだ。

 ほかには、大規模な野球賭博、地元の飲食店に未成年を従事させるルートにもなっているという。

「野球賭博は地元出身で引退したアスリートが元締めになって100人以上参加している。中には自分でキャバクラとかガールズバーを開くヤツもいて、女のコの採用もLINEグループにいる仲間たちに募集かけるって流れです。完全口コミなので他所にはバレないですよ」(A氏)

 今後、サイバー上で繰り広げられる地元仲間のやりとりを、当局はどのように追い詰めていけばよいのだろうか。

<取材・文/日刊SPA!取材班 ※写真はイメージです>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中