日本より深刻な「中国の薬物汚染」。常習者は1800万人、罰則の軽さが一因か?

 清原和博容疑者の逮捕をきっかけに、薬物汚染の実態に注目が集まっている。警察庁の統計によると、’14年の薬物事犯検挙人員は1万3121人。人口10万人あたりの検挙人数は約10人という計算になる。

 しかし、これを遥かに凌ぐのが、中国の薬物汚染だ。当局が発表した統計によると、’15年に検挙された人数は前年比20%増となる約106.2万人。人口10万人あたり約78人が薬物を乱用していることになるのだ。

大量の薬物

中国では毎日のように大量の薬物が押収されている(写真はイメージです)

 深センの不動産会社勤務・岡本宏大さん(仮名・29歳)は、薬物汚染ぶりについてこう話す。

「深夜のカラオケボックスでは、酒とは明らかに違う酩酊状態の連中をよく見かける。だいたい若い女が一緒なんですが、彼女たちは酒ではなく、一緒にドラッグをやるための出張ホステスで、『氷妹』(氷は覚せい剤の意)と呼ばれている。追加料金を払えばセックスもさせてくれるようです」

 日本と同様、安価で手軽な危険ドラッグも蔓延している。上海市在住の留学生・鳥井慶太郎さん(仮名・28歳)の話。

「『開心水(ハッピーウオーター)』という液体が、ハイになれると学生の間ではやっていました。4000円くらいで売られているミニボトルに入った液体で、直接飲んだり、カクテルに混ぜたりして飲むんです。堂々と売られていたんですが、昨年末頃から取り締まり対象になり、一気に姿を消した。成分は脱法ドラッグを装った完全に違法なものだったようです」

 中国で広がる薬物汚染の一因として、「罰則の軽さ」を挙げるのは、中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏だ。

「中国では、薬物の密売には死刑を含む厳しい刑罰が科されますが、乱用者に対する罰則は意外なほど軽微です。所持量や薬物の種類にもよりますが、刑事罰としては2週間の拘留のみという場合が多い。依存者は本来、『戒毒所』と呼ばれる更生施設に収容されることになってますが、全国的に定員オーバーなので、最近ではそのまま釈放ということも多いようです」

『新京報』(2月18日付)などによると、麻薬患者更生施設に登録されている依存症患者は現在、234万人以上おり、中国国内には1800万人の麻薬常習者がいるという。日本同様、脱法ドラッグの蔓延で、若者の常習者も急増しており、18歳未満の依存者が4.3万人もいるというから驚きだ。

 一方、中国の薬物蔓延は、日本にとっても対岸の火事ではない。2月に覚せい剤100kgを所持していたとして逮捕された暴力団関係者5人は、洋上で取引していたことがわかっている。一部の容疑者は事件直前に中国へ渡航しており、この覚せい剤は中国経由で密輸されたと当局は見ている。

 日中間の薬物の洋上取引に、最新ガジェットが投入される可能性を指摘するのは、中国在住フリーライターの吉井透氏だ。

「東シナ海洋上での薬物取引にレーダーで検知されにくいドローンがすでに投入されているという情報がある。アメリカとメキシコ国境で同様の麻薬密輸事例があり、それをマネたのでしょう。今後、今まで以上に薬物が日本へ流入するおそれがあります」

 国境を超えた薬物氾濫に対し、日中間の連携が必要となりそうだ。 <取材・文/奥窪優木>

週刊SPA!連載 【中華人民毒報
行くのはコワいけど覗き見したい――驚愕情報を現地から即出し

中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中